日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

福岡県の庚申塔

犬鳴地区でいちばん新しい庚申塔 福岡県宮若市犬鳴

福岡県宮若市の犬鳴という地区に「犬鳴ダム」という大きなダムがあります。以前は、このダムがある場所には「犬鳴谷村」という村がありました。いまではダムの底に沈んでいますが、その村のなごりを、現在のダム周囲にもみることができます(参照:Wikipedia…

神功皇后の伝承がのこる神社 北九州市八幡東区勝山

場所:福岡県北九州市八幡東区勝山 勝山勝田神社 座標値:33.857575,130.820543 神功皇后(じんぐうこうごう)の伝承がのこる神社として紹介されている勝山勝田神社(かつやまかつたじんじゃ)へ行ってみました。大倉彦(おおくらひこ)神、タケミカヅチ、フ…

矢倉八幡宮の猿田彦大神 福岡県久留米市田主丸町

場所:福岡県久留米市田主丸町益生田 座標値:33.3266091,130.6823728 県道151号線と、県道70号線が交差する交差点の一角に矢倉八幡宮があります。その神社の二の鳥居をくぐり、すぐ右側に大きな猿田彦大神を主尊とする庚申塔が祀られています。 表面の文字…

猿田彦神社の庚申塔 福岡市早良区藤崎

場所:福岡県福岡市早良区藤崎 座標値:33.580931,130.347742 2019年1月23日、福岡市早良区(さわらく)藤﨑にある猿田彦神社で庚申祭が行なわれたので参拝にいってみました(参照:今日は初庚申の日 猿田彦神社へ参拝 - 日々の”楽しい”をみつけるブログ)。…

今日は初庚申の日 猿田彦神社へ参拝

2019年1月23日の干支(えと)は庚申(かのえさる)です。今年、初めて庚(かのえ)と申(さる)が組み合わさる日です。 そのため福岡県福岡市早良区(さわらく)藤崎にある猿田彦神社で庚申祭が行なわれました。 わたしは今日、たまたま仕事が休みであったた…

犬鳴ダム周辺の新しい庚申塔 福岡県犬鳴

場所:福岡県宮若市犬鳴 座標値:33.6965866,130.5590057 犬鳴ダムをグルッと一周する道路。その脇には複数の庚申塔が祀られます。それら庚申塔のひとつです。 明らかに新しく建立し直された庚申塔のようです。正面には「○命庚申尊天」と刻まれています。○の…

福岡県直方市植木でいちばん古いといわれる庚申塔

JR筑前植木駅から西南西へ約350mほど移動した場所に祀られる庚申塔です。図書館で直方市の史跡を紹介している書物(メモをするのを忘れていました)を拝読して、祀られる場所を知りました。 植木のシルバー人材センター(福岡県直方市植木849−1)が15mほ…

合馬小学校ちかくの庚申塔 福岡県小倉南区合馬(おうま)

福岡県北九州市の小倉南区に、合馬(おうま)という地区があります。全国的に有名であるのは「合馬(おうま)のたけのこ」ではないでしょうか。「合馬たけのこ」は”関西市場でも最も単価の高い極上品として取引されている”そうです(参照:北九州HP)。 また…

棒をかついだ猿のみが刻まれた庚申塔 栃木県

昨日、投稿した福岡県宮若市黒丸の庚申塔について、Instagram(いんすたぐらむ)で交流のあるblues_for_susie氏から情報をいただきましたので追記します。 こちらの庚申塔は昨日ご紹介したものですが、庚申尊天の文字の下に、猿が槍のようなものを両手で把持…

文字塔の下に猿の像が刻まれる庚申塔(こうしんとう) 福岡県黒丸

福岡県の宮若市は多くの自然が残っており、たびたび訪れる場所です。車で市内を走っていても、福岡県の他地域と比較し、道ばたに庚申塔をみる頻度が比較的多い印象を受けます。市全体の雰囲気は大分県によく似ており、わたし個人の印象ですが、気持ち的にと…

庚申講(コウシンコウ)のほかに甲子講(キノエネコウ)というのもある

『若宮町誌(下)』に「信仰」という章(第6章)があり、このなかに信仰的な講として甲子講(きのえねこう)という集まりが紹介されていました(P942)。干支(かんし)の、甲子の夜に集まって大黒さまを祭る講なのだそうです。 https://kotobank.jp/word/%E…

犬鳴ダム周辺の庚申塔 『庚申鎮護(こうしんちんご)』 福岡県犬鳴(いぬなき)

犬鳴ダムには、他のダムと同じようにダムをぐるっと一周する舗装道があります。車は時計回りで一方通行とはなっていますが、道幅は広く、駐車禁止の標識もでていないので、要所要所で車を停めることができます。車通りも少ないので、ゆっくりと景色を堪能で…

犬鳴ダム周囲にある庚申塔 福岡県犬鳴

福岡県宮若市の史跡をGoogle mapで検索してみると、「庚申塔跡」という場所が見つかりました。その場所は犬鳴ダムの北側に位置し、「犬鳴御所別館跡」という史跡の近くにありました。 場所:福岡県宮若市犬鳴(いぬなき) 座標値:33.7052002,130.5547333 Go…

福津市津屋崎4丁目の庚申塔(こうしんとう) 福岡県津屋崎

以前に投稿した記事『どうしてウサギが波に乗っている? 波乗り兎 福岡県福津市』の波折神社ちかくにあった庚申塔のご紹介です。 場所:福岡県福津市津屋崎4丁目 座標値:33.792041,130.462496 三角形型の自然石に「庚申尊天」と刻まれています。庚申塔に向…

「庚申之墳」と刻まれた珍しい庚申塔(こうしんとう) 小倉北区妙見町

新年おめでとうございます。昨年は当ブログへの訪問をありがとうございました。今年もぽつりぽつりと、記事を投稿してゆきたいと思います。 年はじめの投稿は、小倉北区にある足立山 妙見宮の近くにあった庚申塔(こうしんとう)のご紹介です。2基の庚申塔が…

山間の集落に祀られる興玉神(おきたまのかみ) 福岡県北九州市志井

JR日田彦山線の志井駅から、東へ直線距離で、約740m行った場所にあった庚申塔(こうしんとう)をご紹介します。地図で確認すると山間の集落に祀られていることがわかります。庚申塔が祀られる場所へ行くまでは、車がかろうじて離合できるほどの幅の農道を進…

「清水池」の井戸ちかくの興玉神 北九州市 志井

久しぶりに興玉神(おきたまのかみ)が刻まれる庚申塔に出合うことができました。場所は北九州市小倉南区の志井という地区です。北九州市の史跡を紹介しているこちらのサイトを拝見し、興玉神のところへ行ってみることにしました。 http://sisekib.kitahisto…

建立年が不明な庚申塔 福岡県北九州市 徳吉南

北九州市小倉南区から福智山系を越えて、八幡西区へと移動しているときに、猿田彦庚申塔をたまたま見つけることができました。 北九州市小倉南区を南北に走る国道322号線があり、これを南方向へと車を走らせます。徳吉という交差点で国道322号線から県道258…

長崎街道沿いの庚申尊天 鞍手郡小竹町

場所:福岡県鞍手郡小竹町勝野 座標値:33.6862827,130.7106125 遠賀川に並走する国道200号線。さらにその国道200号線に並走する長崎街道。長崎街道が小竹町な勝野という地域にきたとき、上の写真のような、塀に囲まれた区画があります。区画内にはたくさん…

志井の猿田彦大神(庚申塔) 福岡県北九州市小倉南区

北九州市の小倉南区は、福岡県の他地域と比較し自然が比較的残っており、庚申塔のような古い史跡の数が多いように感じます。北九州市の史跡をまとめてくれている「北九州市まちかど探検」というサイトを拝見し、今回も庚申塔を確認しに行ってみました。 http…

庚申塔(こうしんとう)ってなに?と聞かれたらどう答えるか?

「休みの日はなにしてるの?」と、仕事場の同僚に尋ねられることがあり、そのときには「うーん…石仏の写真を撮ってる」と答えることが多いです。 ほんとうは「庚申塔を探してる」と答えたいのですが、「コウシントウ?コウシン党って何?何か政治活動をして…

長崎街道の猿田彦大神 福岡県小倉北区赤坂

九州の街道について書かれた書籍を読んでいると、ときどきどこに庚申塔が祀られているかを記した箇所があります。今回は長崎街道 九州文化図録撰書 (1)のP21-P22を読んでいて、小倉北区に祀られている猿田彦大神の情報があったので、行ってみることにしまし…

塞ノ神(さいのかみ)はどんな役割を持つ神様?

↓下の写真は福岡県北九州市の黒崎にある幸神さまです。幸神は「さいのかみ」と呼び、もともと塞の神からきたものと考えられます。 長崎街道沿いに、この幸神さまは祀られています。福岡県では「幸神」と刻まれた庚申塔をたびたび目にします。例えば、飯塚市…

旧西ノ塚地区のコウシンさま 福岡県みやこ町犀川下伊良原

英彦山から、みやこ町へと下る途中、国道496号線沿いで見つけた庚申塔のご紹介です。今回のコウシンさまは、道路わきの整地された区画に大事にまつられていました。 さらに、庚申塔のすぐわきには「旧西ノ塚地区 猿田彦大神」という説明が刻まれた新しい石塔…

京都郡の庚申塔 福岡県犀川 上伊良原

おそらく「猿田彦大神」と刻まれた庚申塔と思われます。 場所:福岡県京都郡みやこ町犀川 上伊良原 座標値:33.544807,130.9482822 かろうじて、「…田彦…神」という文字が確認できます。しかし建立年月などの銘は確認できませんでした。 英彦山からみやこ町…

江文神社の巨大な庚申尊天 福岡県 浮羽町古川

福岡県の南側には、足を運ぶ機会があまりありません。以前、福岡県の南東部にある「うきは市」を通りかかったとき、「うきは市立浮羽歴史民俗資料館」という看板がかかった建物を見かけることがありました。 場所:福岡県うきは市浮羽町朝田560−1 建物が…

興玉神祭壇と刻まれた庚申塔 福岡県田川郡赤池

場所:福岡県田川郡福智町赤池 座標値:33.693220,130.772422 『「庚申信仰」小花波平六 編 民衆宗教史叢書⑰』のP219に紹介されていた興玉神祭壇と刻まれた珍しい庚申塔です。この庚申塔が祀られているのは若八幡神社の境内で、ここへは二度目の訪問です。 …

神道系庚申塔ではとても古い庚申塔 福岡県飯塚市 中

書籍『庚申信仰 (民衆宗教史叢書 第17巻)』の「猿田彦大神の初見塔 」(P214-217)という項を拝読していて、元禄(げんろく)という古い時代に建てられた庚申塔が、飯塚市の撃鼓神社(げきこじんじゃ)に祀られていることを知りました(P216)。 神道系の猿…

昭和に再建された庚申尊天 福岡県小竹町新多(にいだ)

場所:福岡県鞍手郡小竹町新多 座標値:33.695261,130.692783 以前に、松岩という珪化木でつくられた墓標を探しに、福岡県鞍手郡の新多という場所へ行きました。そのときたまたま見つけた庚申塔です。聖光寺のすぐ隣にある敷地に祀られていました。 ↓庚申塔…

水祖宮の庚申塔 福岡県飯塚市小竹

場所:福岡県飯塚市庄司 水祖宮 座標値:33.675568,130.659780 水祖宮の一の鳥居に向かって、左側に二基の庚申塔が祀られていました。この神社の前を車で通っていると、なにか石塔が立っているのを、たまたま見つけることができました。 車から降りて石塔に…