日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

求菩提山 福岡県豊前市求菩提

宇賀神をまつる石祠 福岡県築上郡吉富町小犬丸

福岡県の築上郡にあった城井谷城(きいだにじょう)にすんでいたお姫様の霊を祀る石祠です。姫が埋められた塚から弁財天の使者である巨大な白蛇がはいでてきたという云われから、「宇賀神社の石祠」とよばれます。 宇賀神はときに、女性の頭・蛇の身体という奇…

涅槃石 福岡県築上郡吉富町鈴熊

釈迦が身体をよこたえて、その周りで弟子たちが嘆き悲しんでいます。天上からは釈迦の母が、釈迦をむかえてきている様子が、巨石に彫刻されています。大分県国東市の千燈(せんとう)石仏をおもいおこさせます。 場所:福岡県築上郡吉富町鈴熊 座標値:33.60…

古墳の前にまつられる馬頭観音像 福岡県北九州市八幡西区野面

野面(のぶ)古墳まえにまつられる馬頭観音さまです。 場所:福岡県北九州市八幡西区野面2丁目 座標値:33.7821592,130.7385898 周囲には他にも、日切観音、子安観音、不動明王などふるい石仏がまつられます。野面集落各所にまつられていた石仏がここに集めら…

住宅地にのこる昔の学校跡 福岡県北九州市八幡西区野面

北九州市八幡西区の野面(のぶ)2丁目に、むかし学校があったという場所があります。その情報が掲載されていたのが、いつもお世話になっている『北九州歴史散歩 筑前編』のP.125です。 場所:福岡県北九州市八幡西区野面 座標値:33.782349,130.739028 実は…

貯水池のいっかくに祀られる六地蔵 福岡県北九州市若松区頓田

福岡県北九州市若松区に頓田(とんだ)貯水池という、人の手でつくられた巨大なため池があります。北九州市で必要な水を確保するために1961年(昭和36年)に完成した貯水池です。 この貯水池のいっかくに、江戸時代にまつられたと思われるふるい六地蔵がまつ…

川のそばにつくられた古代の墓地-百留横穴墓群- 福岡県築上郡上毛町百留

福岡県と大分県との県境。山国(やまくに)川の西側(福岡県側)660mほどの地点に、古墳時代につくられたといわれる『百留(ひゃくどみ)横穴墓群』があります。 場所:福岡県築上郡上毛町百留 座標値:33.546263,131.180752 標高約40m前後の丘陵地に、上の…

高木神社まえに祀られる庚申塔 福岡県京都郡みやこ町犀川下伊良原

高木神社のまえに祀られている庚申塔です。「猿田彦大神」とのみきざまれていて、建立年月など他の文字はきざまれていませんでした。 場所:福岡県京都郡みやこ町犀川下伊良原 座標値:33.571147,130.944577

消滅した島にあった石が保管されている場所 福岡県北九州市戸畑区新池

福岡県北九州市の洞海湾(どうかいわん)にかつて中ノ島という小島がありました。現在でいうと若戸大橋の中央部下あたりです。 大型船航行が活発になるにつれ、とうとう島は削られることになりました。昭和14年10月から昭和15年12月の工事で、島は完全になく…

二兒(ふたご)神社の庚申塔 福岡県京都郡みやこ町犀川花熊

2021年1月1日の記事…『ふれると安産になる岩』…でご紹介した、二兒(ふたご)神社の参道に庚申塔がまつられていました。二兒神社は福岡県京都郡みやこ町犀川(さいがわ)花熊という地区にあります。 ↓こちらは二兒神社の鳥居と境内です。鳥居には文政三年(1…

若松沖遭難者慰霊碑 福岡県北九州市若松区深町

「韓国併合ニ関スル条約(1910年(明治43年))」により、日本が朝鮮半島を植民地としてから太平洋戦争終結まで、たくさんの朝鮮のかたたちが日本へ強制的につれてこられました。 1945年、戦争がおわってから朝鮮のかたたちは、門司や若松・小倉地域の各港か…

龍王信仰がのこる秘境の滝 ”岩屋の滝” 福岡県築上郡上毛町大字東上

『新京築風土記(山内公二著)』P.333に”岩屋の滝-竜王信仰彩る桜とホタルの里-”と題されて立派な滝が紹介されています。大分県と福岡県との県境で、耶馬渓(やばけい)にも近い場所にあるため、1月1日という真冬の時期であれば、凍った滝もみれるのではない…

ふれると安産になる岩 福岡県京都郡みやこ町犀川花熊

新年、あけましておめでとうございます。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。今年もまた、訪ねた場所をたのしみながら、ぼちぼちとご紹介してゆきたいと思います。よろしくおねがいいたします。 2021年はじめは安産のご利益がある、おめでた…

福智山登山 2020年12月31日時点の状況 福岡県北九州市・直方市・田川郡

2020年12月31日、福岡県北九州市小倉南区・直方市・田川郡にまたがる福智山(ふくちやま:900.6m)にのぼりました。経路は上野登山口-上野越ルートです。 31日時点での山頂付近の積雪は約3㎝です。下山する際にはつもった雪で滑ることがおおかったために、軽…

鷹窟権現(たかくつごんげん) 福岡県京都郡みやこ町犀川下伊良原

標高約500m地点の山の洞窟にまつられる鷹窟(たかくつ)権現。1872(明治5)年に修験道が廃止になるまで、修験者の修行の場でした。巨岩がおおきな波のようにこちらへせまってきます。 場所:福岡県京都郡みやこ町犀川下伊良原座標値:33.5600357,130.931533…

六ヶ岳から眺める直方市の街 福岡県宮若市龍徳

2020年12月27日(日)に福岡県の鞍手町室木と宮若市龍徳にまたがる六ヶ岳にのぼりました。標高338.9mと低めの山で、六ヶ岳のひとつ峰である旭岳山頂からのながめはとても良いです。かるい運動量で、よいながめを堪能したい登山には最適の山です。 27日の登山…

125年現役のレンガ製ガード 福岡県京都郡みやこ町犀川崎山

平成筑豊鉄道に関する史跡をたびたび巡ってきています。今回の記事でも、明治時代につくられたレンガ製の「ガード」をご紹介します。「ガード」というのは高架橋のことです。 明治時代につくられたアーチ型のガードは筑豊地域ではよくみることができます。今…

発案から開通まで38年かかったトンネル 福岡県築上郡上毛町大字東上

福岡県築上郡に、標高約180m地点につくられたトンネルがあります。このトンネルは傾城隧道(けいせいずいどう)と呼ばれ、『新京築風土記(山内公二著)』P.350に紹介されていたので、足をはこんでみました。 場所:福岡県築上郡上毛町大字東上 座標値:33.5…

寺院にまつられる古い五輪塔群 福岡県北九州市若松区中畑町

福岡県北九州市の若松区に、小石観音寺というお寺があります。お寺の外観はとてもきれいで、比較的あたらしい寺院のようにみえます。しかし、このお寺の歴史はふるくて、1185年(寿永4年)にはじめ建てられたとされています。 1185年の壇ノ浦の戦いでやぶれ…

貯水池の底にしずむ村の跡 福岡県北九州市八幡西区大字畑

福岡県北九州市の八幡西区に「畑貯水池」とよばれる大きな溜池があります。貯水池といっても見た目はダムです。 戦前、八幡市にたくさんの工場がつくられはじめ、工場につとめる人々が八幡市に集中して住むようになりました。工場用水と、住民用の飲料水を確…

山の上に残る戦争遺跡-七糎高射砲陣地跡- 福岡県北九州市若松区大字小石

前回の記事では、北九州市若松区の石峰山に残る「電波標定機基礎」のことについてご紹介しました。今回の記事では、電波標定機基礎がある地点から南南東へ約400mいった場所にのこる「七糎(センチ)高射砲陣地跡」についてご紹介します。 おおよその位置を、…

山の上に残る戦争遺跡-電波標定機基礎- 福岡県北九州市若松区大字小石

福岡県北九州市若松区に標高302.5mの石峰山(いしみねやま)があります。その石峰山山頂から西北西へ約720mいった地点に、これまた標高233mほどの、ちいさな峰があります。下の地形図で示すと地点①の場所です。 この地点①に、電波標定機…つまり火器をさがし…

旧若松市をうるおしていた貯水池にのこる史跡 福岡県北九州市若松区大字小石

以前から『北九州歴史散歩』の「豊前編」を拝読しながら、北九州市の史跡をめぐっていました。わたしの趣味にどはまりの書籍で、ここしばらくお世話になっておりました。 2020年12月5日に『北九州歴史散歩 筑前編(北九州市の文化財を守る会編)』が発行され…

村はずれにまつられていた庚申塔 福岡県北九州市小倉北区萩崎町

前回の記事にひきつづき、福岡県北九州市小倉北区に、江戸時代からのこっている道沿いに祀られている庚申塔のことについてかいていきたいと思います。今回の記事で、このシリーズは最後です。 小倉北区の三萩野(みはぎの)という地区のちかくに、江戸時代か…

江戸時代からのこっている道にまつられる庚申塔 福岡県北九州市小倉北区三萩野

福岡県北九州市の小倉北区に三萩野(みはぎの)という場所があります。この場所ふきんには江戸時代に集落があり、その集落の中央部を細い道がとおっていました。その細い道は現在(2020年)も残っています。 上の写真が江戸時代から残っている道で、やはり昔…

田んぼのなかの集落だった場所にまつられる庚申塔 福岡県北九州市小倉北区片野

福岡県北九州市小倉北区に”片野”という地区があります。地図上でみると、現在、片野は市街地のなかの一角です。大正時代のふるい地図をみてみると、”片野”周辺は田んぼがひろがっており、集落が南西から北東へむかって細長くできているのがわかります。 参照…

大名がとまる部屋の天井に凝らされる工夫 福岡県北九州市八幡西区石坂

こちらの写真は、江戸時代に整備された長崎街道沿いにある宿屋の内部を撮影したものです。長崎街道は、豊前国小倉(北九州市小倉北区)から、肥前国長崎(長崎県長崎市)へとのびる街道です。 宿屋のなまえは「立場茶屋 銀杏屋(たてばぢゃや いちょうや)」で…

山のうえの戦争史跡 福岡県北九州市門司区大字大里

福岡県北九州市門司区の大里(だいり)という場所に、矢筈山(やはずやま)という標高266mの山があります。この山頂に明治時代につくられた戦争史跡がのこされていると聞き、いってみることにしました。 その戦争史跡とは、敵が関門海峡に侵入してくるのをふ…

窓枠 福岡県宗像市鐘崎

場所:福岡県宗像市鐘崎 座標値:33.889466,130.524930 織幡神社の境内をとおりすぎ、本殿のうらやまに歩をすすめるとイヌマキ天然林にはいっていきます。この天然林は佐屋形山という標高53.4mのちいさな山にあります。佐屋形山の山頂をとおりすぎ、山の北側…

ここに馬頭観音さまが祀られる理由 福岡県北九州市若松区蜑住

北九州市若松区に蜑住(あまずみ)という地区があります。地図をみると蜑住の北側2.2㎞には響灘(ひびきなだ)がひろがり、さらに南東約5㎞には洞海湾(どうかいわん)という湾があります。そして蜑住の南西約3㎞には遠賀川がながれています。 ずっと以前は…