日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

福岡県朝倉郡

大己貴神社の庚申塔 福岡県朝倉郡筑前町

場所:福岡県朝倉郡筑前町弥永 大己貴神社 座標値:33.442113,130.653468 「幸神」とのみ刻まれた巨大でシンプルな庚申塔です。この石塔の前後左右には建立年は確認できませんでした。 幸神とはどういう神さま? ところで幸神(さいのかみ)というのは、どう…

老松神社の恵比須さま 恵比須さまはもともと漁民の神だった

場所:福岡県朝倉市下渕 老松神社 座標値:33.4517947,130.6657315 周囲を小麦畑に囲まれている老松神社(おいまつじんじゃ)。一枚目の写真の石仏は拝殿に向かって左側に祀られていました。 この石仏の他に「耕地神」「田神」と刻まれた石塔もあり、この石…

街道沿いの庚申尊天 福岡県朝倉市

場所:福岡県朝倉市長谷山座標値:33.462272,130.678787 秋月街道のすぐ傍に祀られる庚申尊天。 庚申塔の裏側に「宝暦九己卯崇正月吉祥日」と刻まれる。宝暦九年は1759年。 「崇」という文字が刻まれるのは初めて見たが”この年に祀りました”という意味が込め…

福岡県朝倉市 周遊さいごに立ち寄った巨木 隠家森(かくれがのもり)

全国8位の巨木なんだそうです。国指定の天然記念物、「隠家森(かくれがのもり)」。 場所:福岡県朝倉市山田289 地図:Google Maps 樹齢は1500年以上。福岡県朝倉市を周って、これが最後にたちよった巨木です。前回、ご紹介した、須賀神社のクスノキと比べ…

須賀神社の大樟(おおくす) 写真追加 福岡県朝倉市

前々回に、ご紹介した福岡県朝倉市の大樟(おおくす)ですが… ooitasyuyu.hatenablog.com これだけでは、まだまだ、須賀神社の大樟の魅力が伝わらないので、もう少し写真を追加してみます。 拝殿のすぐ隣にある大樟とは別に、須賀神社にはもうひとつ、それに…

はやく行かないと売り切れる プルプル 絶品の葛もち

福岡県の朝倉市に、廣久葛本舗 (ひろきゅうくずほんぽ)という老舗の葛(くず)粉製造の専門店があります。ここの葛もちがおいしいという噂をききつけ、行ってみることにしました。 場所:福岡県朝倉市秋月532 地図:Google マップ 今は、もう十代目が経営…

祇園社の大楠(おおくす) 福岡県朝倉市 須賀神社

樹齢700年をこえる、クスノキに会いにいきました。場所は、福岡県の朝倉市。朝倉の町は、ほんの数回きたことがあるだけ。 数回きた印象としては、福岡県内の他の町と比較して、古い文化財や自然が、たくさん町中に残っているような感じです。庚申塔や道祖神…

のどかなイメージとは違い ステンレス製の水車がガシガシ水をくみ上げてた 福岡県朝倉 三連水車

福岡県の朝倉を通る用事があって、朝倉でなにか珍しいものはないかな…とネットで調べてみると、この三連水車の情報に出会いました。「三連水車の里 あさくら」という農産物直売所ちかくに、水車はあります。駐車場はたくさんあるので、車を停める場所には困…

福岡県では珍しい庚申塔 朝倉市 志波(しわ)の青面金剛像(しょうめんこんごうぞう)

福岡県の庚申塔で、青面金剛像が刻まれているものは、はじめてみました。福岡県では「猿田彦大神」と刻まれた文字塔しか、これまでは見つけられていませんでした。青面金剛像が刻まれているという庚申塔が、福岡県朝倉市にあるとのことで、これは行ってみな…

ドライブで小腹がすいたときに最適のおやつ 道の駅「小石原」の高菜饅頭

これはおいしい。ひとつ145円と、ちょっと値段が高めのまんじゅうですが、コンビニで高めのおにぎりを買ったと思えばいいのかも。 辛めの高菜がまんじゅうの中にぎっしり。まんじゅうの生地がほんのり甘い。甘く感じるのは高菜が辛いからなのか。 甘いお菓子…