日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

福岡県遠賀郡

頃末(ころすえ)という地名の語源 福岡県遠賀郡水巻町頃末

福岡県遠賀郡水巻町に頃末(コロスエ)という珍しい地名がついた地域があります。頃末は、福岡県の一級河川である遠賀川(おんががわ)のすぐちかくにあります。 場所:福岡県遠賀郡水巻町頃末 Google mapの航空写真で頃末ふきんを俯瞰してみます↓ ↑頃末とい…

珍しくまつられた由縁がわかる「やぶれ地蔵」 福岡県遠賀郡水巻町えぶり

福岡県北を流れる一級河川である遠賀川にまつわる歴史をたどっていくと、その流域にたくさんの史跡をみつけることができます。 『水巻昔ばなし(柴田貞志著)』P69を読むと、福岡県遠賀郡水巻町の「えぶり」という地区に、”やぶれ地蔵”という珍しい名前の地…

タテに整列 小さな花がかわいらしい【マンテマ】 福岡県遠賀郡遠賀町 島津

場所:福岡県遠賀郡遠賀町大字島津座標値:33.873990,130.671584 遠賀川支流のひとつ西川河川敷でみつけたマンテマ。5枚の花弁は薄紫色。縦に連続して咲いている花は、みんな一方向へむいています。花ひとつひとつは小さくてかわいらしいです。花期:5~6月 …

シロツメクサ(白詰草)福岡県遠賀郡芦屋町大字山鹿

下から順に小さい花が咲いていき球形となる。茎は地面をはい、節々から根を出す。ガラス製品の緩衝材のために箱に詰められていたのが名の由来。花期は春〜秋。 マメ目マメ科シャジクソウ属シロツメクサ 場所:福岡県遠賀郡芦屋町大字山鹿座標値:33.9019426,…

ヒメオドリコソウ 福岡県遠賀郡芦屋町山鹿

たくさん咲いているホトケノザのちかくに咲いていました。ホトケノザの葉はギザギザの丸、ヒメオドリコソウの葉はスペード型です。 本州を中心に分布しているようです。とても小さな、ややうす紫色の花がかわいらしいです。 被子植物門双子葉植物綱シソ目シ…

葉をもむとキュウリのにおいがするキュウリグサ 福岡県遠賀郡遠賀町 島津

足元を見ながらカメラの被写体をさがしていると、とてもせまい範囲でも、じつにたくさんの種類の草花が咲いていることに気づかされます。 キュウリグサ こちらの写真は道ばたにさいていた、とても小さな青い花です。注意深くみなければ見過ごしてしまうほど…

美しい輪状の葉をつけるトウダイグサ 福岡県遠賀郡遠賀町大字島津

道ばたに生えている雑草でも、よく見てみると美しい形をしたものがあります。↓こちらの写真は茎の上のほうに、おおきな葉っぱが輪っか状に生えています。これは、昔の灯りの役割を担っていた『灯明台(とうめいだい)』という道具参照のかたちに似ているため…

夕陽に染まる 福岡県遠賀郡遠賀町 島津

福岡県の遠賀郡に「島津丸山古墳」があります。遠賀川のすぐちかくにある大きな古墳群です。古墳はこんもりとした森となっており、森のなかにはたくさんの草花が繁茂しています。夕暮れどき、島津丸山古墳がある森には、夕陽が樹々のあいだからさしてきます…

新鮮なイカが食べられる穴場の食事処『おおしき』 福岡県遠賀郡岡垣町

福岡県の遠賀郡や宗像市では、玄界灘で獲れる新鮮な魚介類を、比較的安くおいしく食べられるお店がおおいです。そのなかでも、おいしいイカ料理をだしてくれる穴場のお店「おおしき」を、今回はご紹介します。 「おおしき」の場所 「おおしき」ではイカの活…

不動様境内に祀られる庚申塔 福岡県遠賀郡岡垣町大字原

場所:福岡県遠賀郡岡垣町大字原 座標値:33.877163,130.569112 手前に倒れている石塔も庚申塔 『岡垣町史』P949に紹介されていた、岡垣町の原という地区にある庚申塔を訪ねてみました。字(あざ)名で居田という場所に不動様が祀られており、その不動様が祀…

庚申塔の近くに横たわっていた謎の石塔 福岡県遠賀郡岡垣町 波津

場所:福岡県遠賀郡岡垣町大字波津 座標値:33.881876,130.568015 前回の投稿記事で『潮が引かないと参拝できない庚申塔 福岡県遠賀郡岡垣町 波津 向鼻』をご紹介しました。その庚申塔が↓下の写真の中央部に写っている二基の庚申塔です。今回ご紹介するのは…

潮が引かないと参拝できない庚申塔 福岡県遠賀郡岡垣町 波津 向鼻

場所:福岡県遠賀郡岡垣町(大字)波津(字)向鼻 座標値:33.881883,130.568048 岡垣町波津の庚申塔 『岡垣町史』P948の情報をもとに探していた庚申塔です。こんな場所にあるとは思いませんでした。県道300号線沿いの海岸で、まさに波打ち際に庚申塔が祀ら…

稲荷様とともに祀られる庚申塔 福岡県芦屋町 西浜町

福岡県の遠賀郡芦屋町は、福岡県の北側に位置します。福岡県の一番北側…九州の一番北端…には北九州市があるのですが、その北九州市の西側にあるのが遠賀郡芦屋町です。 芦屋町のちょうどまんなかあたりを、遠賀川の河口が流れています。遠賀川の西側に、今回…

毘沙門天(びしゃもんてん)とともに祀られる庚申塔 福岡県岡垣町 手野

『岡垣町史』P948-949に「岡垣の庚申塔」一覧が紹介されていました。これをもとに、福岡県遠賀郡岡垣町の手野という地区に、庚申塔を探しにいってみました。 手野という地区は、岡垣町のなかでも、やや北側に寄った場所に位置しており、手野の集落から約1㎞…

公民館横に鳥居と並んで祀られる庚申塔 福岡県遠賀郡山鹿

『増補改訂 芦屋町誌』P690-691に、福岡県遠賀郡芦屋町にある石造物の一覧が紹介されていました。その中に、庚申塔についての紹介もありましたので、ひとつひとつ巡っています。 今回ご紹介する庚申塔は、芦屋の万町という地区にある庚申塔です。 万町公民館…

集落の入口に立つ庚申塔 福岡県遠賀郡 手野

『岡垣町誌』P948-949に、岡垣の庚申塔一覧表が記載されています。そのうちのひとつ、福岡県遠賀郡岡垣町 手野という集落入口の庚申塔を訪ねました。P949には「字(あざ)招キ 手野入口」とまで場所の説明がされていました。 手野という集落のどの部分が入口…

遠賀川 川西四国 第七十二番札所よこの庚申塔 福岡県遠賀郡糠塚(ぬかづか)

福岡県遠賀郡 岡垣町糠塚(ぬかづか)にある須賀神社へ庚申塔が祀られていないか、探しにいってみました。この場所に探しに行こうと思ったのは、『岡垣町誌』P948の”岡垣の庚申塔”一覧を拝読したためです。 ↑須賀神社(岡垣町糠塚)境内の様子 『岡垣町誌』P…

厳島神社の庚申塔 福岡県遠賀郡 新松原

福岡県遠賀郡岡垣町の新松原という集落。この集落のほぼ中央部に、厳島神社という小さな神社が祀られています。厳島神社は集落の中央部にあり、こんもりとした杜に囲まれています。 厳島神社へと続く参道は、民家と民家との間にある↓このような細い路地です…

廃寺の裏手にあったお不動様 福岡県遠賀郡岡垣町黒山

福岡県遠賀郡岡垣町の西黒山という地区に、春日神社というお宮があります。ここに、下の写真のような、大きな石塔が祀られています(写真の一番右側)。石塔は風化し、表面の文字にはなにも刻まれていないようにも見えます。しかし、この石塔は不動明王様と…

不思議な運命をたどった鐘はもともと どこにあった? ②/② 福岡県遠賀郡岡垣町

広島県の教龍寺(広島県廿日市市吉和)に保管されているお寺の鐘が、もともと福岡県の千手寺にあった…という記事を前回、ご紹介しました(参照)。そのお寺の鐘というのが、「教龍寺銅鐘」です。 教龍寺銅鐘 そして、その「教龍寺銅鐘」がもともとあった福岡…

不思議な運命をたどった鐘はもともと どこにあった? ①/② 福岡県遠賀郡岡垣町

2019年7月30日の記事で、もともと福岡県遠賀郡で使われていたお寺の鐘が、広島県の教龍寺に現在あるという内容を書かせていただきました。 参照:福岡県で625年前につくられた鐘が広島県にあるため訪ねた 広島県廿日市市吉和 この鐘は「教龍寺銅鐘」と呼ばれ…

松原のなかの疫神社 福岡県遠賀郡岡垣町吉木

福岡県遠賀郡 岡垣町の北側。響灘(ひびきなだ)に面する海岸沿いに12㎞にわたってひろがる三里松原(さんりまつばら)。三里松原に「頓々の滝(どんどんのたき)」を探しにいった際、「疫神社」と名前が付けられた場所をみつけました。 木製の鳥居をくぐり…

火除延命地蔵堂前の庚申塔 福岡県遠賀郡芦屋町幸町

福岡県遠賀郡芦屋町の幸町に庚申塔が1基まつられているという情報を得ました(参照:『増補改訂 芦屋町誌』P691)。場所は、火除延命地蔵が祀られているお堂の前です。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町幸町 座標値:33.894919,130.661184 四角柱型の庚申塔の正面は…

松林に流れるまぼろしの小川 「頓々の滝(どんどんのたき)」を探す②/② 福岡県遠賀郡吉木

福岡県遠賀郡岡垣町にある広大な松林である三里松原内に、「頓々の滝(どんどんのたき)」という小川があり、小川は砂地からでる湧き水がながれているといいます。この不思議な小川を探しに、2019年8月7日(水)に三里松原へ足を踏み入れました。 スマホのア…

松林に流れるまぼろしの小川 「頓々の滝(どんどんのたき)」を探す①/② 福岡県遠賀郡吉木

福岡県遠賀郡岡垣町には三里松原(さんりまつばら)と呼ばれる広大な松林があります。東端は遠賀郡芦屋町からはじまり、西端は岡垣町波津にまでいたる、約12㎞の松林です。 緑の点線で示した箇所が三里松原 この松林は約300年まえの江戸時代から人工的につく…

廃線「JR宮田線」の痕跡をたどる 福岡県鞍手郡-宮若市

2019年5月25日の記事『個人が自費で鉄道をつくった!? 福岡県鞍手郡-宮若市 JR宮田線』のなかで、JR宮田(みやだ)線が、誰の手によって、どんな目的で作られたのか?ご紹介しました。 宮田線は、1901年2月13日から1989年12月23日まで、約90年間にわたり使わ…

個人が自費で鉄道をつくった!? 福岡県鞍手郡-宮若市 JR宮田線

福岡県の鞍手郡から宮若市にかけて、約90年間つかわれていた鉄道がありました。1901年2月13日から1989年12月23日まで使われていた、JR宮田(みやだ)線です。 場所:福岡県鞍手郡小竹町~福岡県宮若市宮田 2019年現在、宮田線の跡はほとんど残っていません。…

老舗ラーメン店「えびつラーメン」センター…リニューアル後の業務改善がすごかった 福岡県遠賀郡岡垣町

奇をてらわず、安定した味を保ち続ける福岡県岡垣町の老舗ラーメン店があります。「えびつラーメン」センターです。2019年に店舗がリニューアルされて↓下の外観のような店舗となりました。できあがったばかりなので、店内も清潔感が漂っていました。 場所:…

鉄道のおもしろ事情 福岡県の城山トンネルは昔ひとつだったのに、なぜふたつに?

福岡県の遠賀郡と宗像市(むなかたし)を分ける峠のひとつに城山峠(じょうやまとうげ)があります。この峠の下にJR鹿児島本線がはしっています。JR鹿児島本線は、遠賀郡の海老津駅(えびつえき)と宗像市の赤間駅(あかまえき)とを結ぶ線の途中でトンネル…

カミサマのいる場所 福岡県岡垣町高倉

場所:福岡県遠賀郡岡垣町高倉 座標値:33.843334,130.600767 福岡県遠賀郡岡垣町にある高倉神社。その神社から南へ400mほど下った場所に、「高倉宮」と表示される額のかかげられた白い鳥居があります。白い鳥居をくぐると樹々にかこまれて薄暗い広場に、三…