日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

福岡県北九州市

『とらや』のたこ焼きと茂兵衛まんじゅう 北九州市若松区

北九州市若松区にある老舗の回転まんじゅう屋さん『とらや』。わたしが子どものころから『とらや』の回転まんじゅうと、たこ焼きのお世話になってきました。 場所:福岡県北九州市若松区本町3丁目8−18 座標値:33.902019,130.806321 北九州市若松区にある若…

入園無料 グリーンパークのイルミネーション 北九州市若松区

北九州市にあるグリーンパーク(福岡県北九州市若松区安屋)で、土日の夜にイルミネーションが点灯されています。期間は、2018年12月1日(土)から2019年2月24日(日)まで。土日の17時から21時まで入園が無料となります。 グリーンパークは北側ゲートと南側…

北九州の朝景

場所:福岡県北九州市若松区修多羅 座標値:33.9032580,130.7989942 高塔山展望台より撮影。

護聖寺の一石五輪塔 北九州市小倉南区

前々回の記事でご紹介した「バチ笠地蔵」(福岡県北九州市小倉南区)が祀られている護聖寺。 https://www.ku-hibino.com/entry/2018/12/10/202255 そのお寺の参道に下の写真のような不思議な石塔を見つけることができました。護聖寺へは階段と車道と、二通り…

日本昔ばなし「かさじぞう」と同じ伝承が残るお地蔵様 北九州市小倉南区

昔ばなしの「かさじぞう」と同じエピソードがあるお地蔵様が、北九州市小倉南区に残っています。 場所:福岡県北九州市小倉南区大字辻三(つじみつ)座標値:33.818058,130.823975 そのお地蔵様があるのは、護聖寺(ごしょうじ)というお寺の付近です。一枚…

志井の猿田彦大神(庚申塔) 福岡県北九州市小倉南区

北九州市の小倉南区は、福岡県の他地域と比較し自然が比較的残っており、庚申塔のような古い史跡の数が多いように感じます。北九州市の史跡をまとめてくれている「北九州市まちかど探検」というサイトを拝見し、今回も庚申塔を確認しに行ってみました。 http…

若戸大橋のライトアップが想像以上にきれいだった 福岡県北九州市

福岡県北九州市の若松区と戸畑区を結ぶ若戸大橋(わかとおおはし)。2018年12月1日から、この橋の通行料金が無料となりました。それに伴って、若戸大橋のライトアップがはじまり、さらに若戸大橋の周辺(若松区側)でイルミネーションが実施されています。 1…

長崎街道 大里宿の街道松を訪ねた 

福岡県の街道のひとつである長崎街道。その長崎街道沿いの庚申塔や史跡を探すのが、最近の日課となっています。今回は、長崎街道沿いに植えられている街道松に出会いに門司まで行ってみました。 ↓下の写真の一本松が、その目標となる「街道松」です 。街道松…

水かけ地蔵尊 北九州市小倉北区清水

場所:福岡県北九州市小倉北区清水 座標値:33.870582,130.853447 長崎街道沿いにある湧き水で、3つの伝承が残されています。 1.皇后水 神功皇后が新羅出兵(391年)の途中立ち寄られてお飲みになった。 2.観音霊水 天平12年(740年)板櫃川の合戦のとき、聖…

長崎街道の猿田彦大神 福岡県小倉北区赤坂

九州の街道について書かれた書籍を読んでいると、ときどきどこに庚申塔が祀られているかを記した箇所があります。今回は長崎街道 九州文化図録撰書 (1)のP21-P22を読んでいて、小倉北区に祀られている猿田彦大神の情報があったので、行ってみることにしまし…

若松の祭り「おえべっさん」が開催される 2018年12月2日から12月4日 北九州市若松区浜町

若松恵比須神社の秋季大祭が2018年12月2日(日)から12月4日(火)まで開催されますね。 若松恵比須神社の場所 福岡県北九州市若松区浜町1丁目1−2−37 「おえべっさん」の愛称で親しまれている祭りです。 北九州HP http://www.city.kitakyushu.lg.jp/wakamats…

長崎街道で「上段の間」を唯一持つ珍しい建物 北九州市八幡西区

長崎街道 (大里・小倉と筑前六宿内宿通り底井野往還) (九州文化図録撰書 (1))のp41で”長崎街道上で唯一「上段の間」をもつ建造物”と紹介されている「銀杏屋」という建物↓ 長崎街道沿いの史跡を巡っているときに、2018年1月21日に立ち寄った場所です。銀杏屋…

住宅街に古い鉄道の跡 北九州市八幡東区

住宅街のなかに突如として鉄道用の橋梁(きょうりょう)が姿を現します。 場所:福岡県北九州市八幡東区茶屋町 座標値:33.868789,130.844790 これは「九州鉄道茶屋町橋梁」と呼ばれる史跡です。橋梁は「きょうりょう」と読み、簡単にいうと「橋」のこと。 …

夜の史跡散策も楽しい 常盤橋(ときわばし) 北九州市小倉北区

場所:福岡県北九州市小倉北区室町2丁目3 座標値:33.886342,130.877566 上の写真は、北九州市 小倉の街なかを流れる紫側に架かる木造の橋で、常盤橋(ときわばし)と呼ばれています。この橋から九州各地への街道がのびるので、街道のスタート地点となる橋…

曲里(まがり)の松並木【長崎街道 黒崎宿】の”曲里” どういう名の由来? 福岡県八幡西区黒崎

↑曲里(まがり)の松並木 福岡県北九州市の小倉から、長崎県へと延びる長崎街道。この長崎街道の途中に黒崎宿(くろさきしゅく)と呼ばれる宿場町がありました。黒崎宿のすぐちかくに、現在も街道の名残がある曲里(まがり)の松並木があります。 場所:福岡…

若戸大橋ライトアップ始まる 2018.12.2から

北九州市の若松区と戸畑区を結ぶ若戸大橋が2018年の12月2日から、毎日ライトアップされるそうです。これは、12月1日から橋の通行料が無料になることに伴ってのことだそうです。 大橋のライトアップは、2013年の市制50周年記念の際に行われて以来5年ぶ…

皿倉山からの夜景 福岡県北九州市八幡東区

福岡県北九州市八幡東区にある皿倉山。 標高622mと低い山なのですが、北九州工業地帯のすぐ近くにあるので、 展望台からの眺めは すばらしいです。 写真は展望台から眺めた北九州市の夜景です。 その皿倉山の絶景ポイントを8つにまとめた皿倉八景というもの…

北九州市のシンボル 若戸大橋通行料無料化

北九州市の戸畑区と若松区を結ぶ若戸大橋の通行料が、平成30年12月1日の0時00分に無料となります。 市民の生活を支える重要な役割を果たしてきた橋とトンネルが、長年の市民の要望を受け、12月1日(土曜日)0時から無料開放されます(参照:北九州市ホームペ…

塞ノ神(さいのかみ)はどんな役割を持つ神様?

↓下の写真は福岡県北九州市の黒崎にある幸神さまです。幸神は「さいのかみ」と呼び、もともと塞の神からきたものと考えられます。 長崎街道沿いに、この幸神さまは祀られています。福岡県では「幸神」と刻まれた庚申塔をたびたび目にします。例えば、飯塚市…

車で海峡を通っていたので存在に気付かなかった 関門連絡船

「おもしろ地名北九州事典」のP52を読んでいると、1944年…つまり昭和19年に、下関(山口県)と門司(福岡県)を結ぶ関門鉄道トンネルが開通してから、国鉄の関門連絡船のお客さんが激減した、という内容の記事が書かれていました。 関門連絡船…つまり関門海…

夜景の綺麗な高塔山 昔は城があった 福岡県北九州市若松区

2003年4月に発表された新日本三大夜景のひとつには、北九州市の皿倉山からの夜景が選ばれました。その皿倉山から直線距離にして北側に6.3㎞ほどの場所に高塔山があります。 高塔山は標高124mと低いのですが、ここからもすばらしい夜景を眺めることができます…

珍しい地名 寿命(じめ)はどこからきたのか? 福岡県八幡西区楠橋西

北九州市の八幡西区楠橋に寿命(じめ)という珍しい地名があります。おもしろ地名 北九州事典(瀬川負太郎著)という書籍のP203に、その地名の由来が書かれていました。 おもしろ地名北九州事典 P203によると、”寺免もしくは神免、免税地に由来する”と紹介さ…

八幡東ねぶた まつり起業祭2018 福岡県北九州市八幡東区

2018年は11月2日、3日、4日と開催されている「まつり起業祭」。もともとは、1901年に八幡製鉄所(福岡県北九州市)が操業を開始した年から、八幡製鉄所の祭りとして製鉄所主催で始まったのだそうです。 その、まつり起業祭では、2日の金曜日と3日の土曜日に…

響灘ビオトープ 福岡県若松区

場所:福岡県北九州市若松区響町 廃棄物処分場跡地とは思えないほど、自然豊かな響灘ビオトープです。 敷地内は広くて危険な箇所もないため、子どもをのびのびと遊ばせることが出来ました。 その間、私もゆっくりと写真を撮ることができました。 写真は、ビ…

春吉の眼鏡橋 北九州市小倉南区春吉

建設から100周年となる小倉南区の眼鏡橋 場所:福岡県北九州市小倉南区春吉 座標値:33.7844518,130.8477338 女の子が川に転落死した事故がきっかけで建設されたといいます。当時11歳だったという女の子。その女の子が、男の子の子守をしていました。板橋だ…

7色の煙が見えていたという城山 北九州市八幡西区 屋敷

北九州市八幡西区にある、北九州では比較的大きな駅である黒崎駅。その黒崎駅から北東へ直線距離にして750mほどの場所に道伯山(どうはくざん)という高さが62.6mの小さな山があります。別名を城山(しろやま)といいます。 地形図で確認してみます↓ 地図中…

北九州市の祭り まだ行ったことがない「起業祭」とは? 下調べ

まだ行ったことがない北九州市の祭り「起業祭」。正式の名称は「まつり起業祭 八幡」と呼ぶそうです。北九州市では毎年11月、この「起業祭」が開催されます。 開催される時期は、毎年11月初めの週末三日間だそうです。2018年は11月2日(金)、3日(土)、4日…

実り 福岡県 若松区安屋

北九州市は工業地帯のイメージがありますが、若松区の北側はたくさんの田畑と溜池が残っており、のどかな景色をみることができます。若松区の安屋という地区にある笠松神社。その神社前に広がる田んぼ。 朝日が昇ってくると、湿り気のある朝だと、朝日が靄(…

「到津の森公園」はもともと北九州市の新庁舎建設予定地だった

北九州市の歴史について知りたいと思い、北九州市50年の物語(毎日新聞西部本社報道部;石風社)を読んでいました。同書籍のP.29「勝山公園に新庁舎開庁」という項目があり、このなかに、北九州市が誕生した際、どのようにして新庁舎建設の場所が決まったか……

合馬 麻生堂へと続く参道脇に祀られる猿田彦大神 小倉南区合馬

場所:福岡県北九州市小倉南区合馬 座標値:33.806191,130.815941 今回の猿田彦大神庚申塔は、たまたま見つけました。前回の記事(田代の山奥に猿田彦大神がどうして祀られる? 北九州市八幡東区田代 稗田神社)でご紹介した稗田神社を探しているとき道にま…