日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

福岡県北九州市

祭壇にまつられる庚申塔 福岡県北九州市小倉南区南方

table { border-collapse: collapse; } th { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ff9999; } td { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ffffff; } thead th { background-color: #767676; } 碑面 碑…

高蔵山堡塁(ほるい)跡をたずねる 福岡県北九州市小倉南区大字吉田

『北九州歴史散歩 豊前編(北九州市の文化財を守る会編)』P.102-103を拝読して、日清戦争後につくられた高蔵山堡塁(たかくらやまほるい)の跡にいってみました。山中にあるため、なかなかここまで行く時間がとれませんでしたが、平日に仕事の休みがとれた2…

桃園公園 外壁に残る防空壕跡 福岡県北九州市八幡東区桃園

桃園公園北東部外壁に、防空壕が埋められた跡があります。 場所:福岡県北九州市八幡東区桃園 座標値:33.8664925,130.7834628 合計3回あった八幡空襲は、1回目・2回目は主に製鉄所などの工場を中心に焼夷弾が落とされ、3回目は社宅が主な標的となりました。こ…

旧「本陣橋」の痕跡と名前の由来 福岡県北九州市八幡西区陣原

北九州市八幡西区を流れる堀川と金山川が合流する地点ふきんに、明治時代、木製の「本陣(ほんじん)橋」が架けられていたといいます。その後、大正13年に木製「本陣橋」の北東130m地点に鉄筋の「本陣橋」があたらしく架けなおされました。 その鉄筋「本陣橋…

戦時中 住宅地に墜落したプロペラ機で亡くなったかたの慰霊碑 福岡県北九州市八幡東区山王

北九州市の八幡地区では、第二次世界大戦において3回の大空襲がありました。 1944年(昭和19年)6月15日~6月16日 1944年(昭和19年)8月20日~8月21日 1945年(昭和20年)8月8日 参照:『あの日、1945.8.8 八幡で何が起こったか』P.8 2回目の空襲の際、日本…

北九州市若松区に2つだけ残る防空壕 福岡県北九州市若松区白山(はくさん)と修多羅(すたら)

戦争に関する史跡は、悲惨なエピソードが残っているというイメージがつきまとい、敬遠していました。戦争を体験したかたがたに話を聞き、戦争史跡がある現地におもむき、書籍などでその史跡について調べていくと、戦時中の詳細な歴史がみえてきます。 当時、…

駐車場の一角にまつられる庚申塔 福岡県北九州市八幡東区諏訪

table { border-collapse: collapse; } th { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ff9999; } td { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ffffff; } thead th { background-color: #8A8A8A; } 碑面 碑…

北九州に電気軌道がはしっていた記憶 福岡県北九州市八幡西区陣原

『北九州歴史散歩 筑前編(北九州市の文化財を守る会編)』P.102に紹介されている”九州電気軌道境界石”を訪ねてみました。九州電気軌道は1911年(明治44年)から線路が敷かれはじめ、1929年(昭和4年)までの18年間に約40㎞の路線が完成しました参照。 わた…

惣牟田(そうむた)の石峯神社参拝 福岡県北九州市若松区大字小石

福岡県北九州市若松区の小石(こいし)という地区に、惣牟田(そうむた)という集落があります。若松区にある石峯神社の北側にある集落で、中世からの耕地景観が残るといわれる、北九州市でもめずらしい場所です(参照:PDF 北九州市若松区惣牟田集落の中世…

300人以上が犠牲になった小伊藤山防空壕跡 福岡県北九州市八幡東区尾倉

北九州市八幡東区の尾倉に、「小伊藤(こいと)山公園」という、やや大きな公園があります。JR八幡駅から南に約370mいった場所にあります。この公園の一角に、慰霊塔がたてられています。冊子『戦争体験を次世代に語り継ぐ~聞き書きによる74年目の記憶~※1…

八幡大空襲「戦災殉難者之碑」 福岡県北九州市八幡東区高見

1945年(昭和20年)の8月8日、福岡県北九州市の八幡に、たくさんの焼夷弾(しょういだん)が落とされ、約2500人の死傷者がでたといわれます。八幡には合計3回の空襲がありました。1回目は1944年6月15日~16日、2回目は1944年8月20日~21日です。3回目の1945…

志井(しい)という名の由来 四つの井戸を探す-その②- 福岡県北九州市小倉南区志井

前回の2021年8月1日の記事で「志井(しい)という名の由来 四つの井戸を探す」を紹介しました。今回の記事は、その4つの井戸のうちのひとつである井戸を、またご紹介します。 場所:福岡県北九州市小倉南区志井 座標値:33.812490,130.876406 こちらの井戸は…

志井(しい)という名の由来 四つの井戸を探す 福岡県北九州市小倉南区志井

北九州市小倉南区に志井(しい)という地区があります。志井という地名は「四つの井戸がある」ということから付けられた名前ということで、その四つの井戸を探していました。2018年12月22日に、四つの井戸のうち一つの井戸を訪れました。 参照:「清水池」の…

旧 則松小学校の跡を探る 福岡県北九州市八幡西区則松

北九州市八幡西区の則松(のりまつ)という地区に、則松小学校があります。この学校、もともとは別の場所にあったことが、ひょんなことからわかりました。地元のかたから小学校の昔話をきいたのです。 参照:高見神社の土俵と旧則松小学校の跡を探る 現在の…

北九州をながれる紫川の起点碑をたずねる 福岡県北九州市小倉南区頂吉

『北九州の史跡探訪』P.93で、「紫川起点碑」というものが紹介されています。 頂吉(かぐめよし)の ます渕ダム奥の大河内橋袂にこの碑がある。ここを起点に紫川は16キロを流れ小倉市街を貫流し、流域をうるおし風光をそえ、街を育てた市民のオアシスである…

高見神社の鳥居そばにまつられる二基の庚申塔 福岡県北九州市八幡西区則松

北九州市八幡西区-則松(のりまつ)の高見神社、一の鳥居そばの草むらのなかに、二基の庚申塔がまつられていました。どちらの庚申塔も「庚申」という文字が確認できましたが、建立年などの銘は確認できませんでした。 --------------------- 写真左側の庚申…

高見神社の土俵と旧則松小学校の跡を探る 福岡県北九州市八幡西区則松

北九州市八幡西区の則松(のりまつ)という地区の話を、地元のかたにうかがう機会がありました。則松には現在の則松小学校とは別に、旧則松小学校があり、その旧則松小学校の「上のほうに」高見神社があるといいます。 高見神社では、毎年10月9日に「おくん…

いまはもう幻の池となった紫池 福岡県北九州市小倉南区蒲生

『北九州の史跡探訪』(北九州史跡同好会)P.81に「紫池」という池が掲載されています。この池は、小倉の街をながれる紫川の起こりと紹介されています。”起こり”というのはどういうことなのでしょう。同書には地形図がしめされ、「大興善寺」ふきんに紫池が…

於婆宮(おばのみや)神社にまつられる庚申塔 福岡県北九州市小倉南区蒲生

北九州市小倉南区-蒲生(がもう)の於婆宮(おばのみや)神社に庚申塔が祀られていました。神社、一の鳥居にむかって右側に庚申塔は祀られています。 碑面 碑面(建立年) 猿田彦大神 天保十五甲辰年 講中 建立年 干支 干支読み方 1844 甲辰 きのえたつ 場所…

金山川(きんざんがわ)源流を探訪する 福岡県北九州市八幡西区上上津役

先日あげた記事「金山川 名前の由来地をしらべる 福岡県北九州市八幡西区上上津役」で、金山川(きんざんがわ)源流と金鉱跡について記述しました。この場所へいってみました。 場所:福岡県北九州市八幡西区-上上津役(かみこうじゃく) 座標値:33.8237824…

製塩の痕跡を日吉神社でみる 福岡県北九州市若松区東二島

北九州市には、若松区と戸畑区、八幡西区に囲まれる洞海湾(どうかいわん)があります。この洞海湾では、そのむかし海水を原料にして製塩がおこなわれていたといいます。製塩には、薪(たきぎ)とともに、石炭も燃料としてつかわれていました参照。 製塩がお…

金山川 名前の由来地をしらべる 福岡県北九州市八幡西区上上津役

金山川(きんざんがわ)は、北九州市八幡西区の西側にある「上上津役(かみこうじゃく)」という地区にふくまれる帆柱山に源流をもつ河川です。 国土地理院地図で、金山川の長さを測ってみると、源流部から北九州市の洞海湾(どうかいわん)にながれこむまで…

インドシナウォータードラゴン 福岡県北九州市若松区竹並

場所:福岡県北九州市若松区竹並 グリーンパーク 響灘緑地 熱帯生態園 トカゲ亜目 イグアナ下目 アガマ科 アガマ亜科 ウォータードラゴン属 インドシナウォータードラゴン 参照

須賀神社にまつられる宝篋印塔 福岡県北九州市若松区畠田

北九州市若松区畠田にある須賀神社ちかくに宝篋印塔(ほうきょういんとう)がまつられています。この宝篋印塔にかんする詳細は不明です。 須賀神社へとつづく参道の脇。畠田公民館のすぐそばに宝篋印塔はまつられています。 場所:福岡県北九州市若松区畠田 …

JR黒崎駅前の夜景 福岡県北九州市八幡西区黒崎

福岡県北九州市八幡西区黒崎の表参道新天街 JR黒崎駅前のペデストリアンデッキ。 (橋上駅舎)+(広場)+(横断歩道橋)=ペデストリアンデッキ。北九州では小倉駅と黒崎駅に設置されています。写真は八幡西区の黒崎駅。 大きな開口部があるためデッキの下は…

坂の上からの夜景 福岡県北九州市八幡東区東台良町

北九州市は、山の斜面に住宅が立ち並んでいる部分が多くあります。この標高の高い場所にある住宅地から、平地にひろがる町をながめると、北九州の「坂の街」の雰囲気をあじわえます。その雰囲気をうつしたいと努力したのですが、納得できる写真は撮れません…

飛幡八幡宮にまつられる二基の庚申塔 福岡県北九州市戸畑区浅生

北九州市戸畑区 浅生に鎮座する飛幡八幡宮境内に二基の庚申塔がまつられていました。境内にまつられる稲荷様のすぐちかくに庚申塔はあります。 飛幡八幡宮の駐車場は有料で、ふきんには無料で駐車できるスペースはありません。 稲荷神社の鳥居をくぐり右側に…

天疫神社の参道脇にまつられる道祖神 福岡県北九州市八幡東区宮の町

北九州市八幡東区の「宮の町」にある天疫神社参道脇に「道祖神」と刻まれた石塔がまつられていました。「道祖神」なので、庚申塔には含めず、マイマップには登録していません。 天疫神社境内にひろい駐車スペースがあるために、ここに車を停め、階段をおりて…

羽山神社の参道脇にまつられる庚申塔 福岡県北九州市門司区羽山

北九州市門司区の羽山神社参道脇に庚申塔がまつられていました。神社周辺に一般車がとめられる駐車場はありませんでした。そのため羽山神社から東側へ550mほどいった場所にある「小森江子供のもり公園」の無料駐車場に車を停め、ここから徒歩にて羽山神社へ…

東大野八幡神社 本殿のちかくにまつられる庚申塔 福岡県北九州市小倉南区新道寺

小倉南区に鎮座する杉林の参道がりっぱな東大野八幡神社。その境内に庚申塔がまつられていました。境内に駐車場がないとはやとちりし、神社近くの集会所のような建物わきに車をとめさせていただきました(地点:33.793198,130.865355)。 ここから参道に合流…