日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750とSONY NEX-C3を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

広告

塔身に仏さまが刻まれる国東塔 大分県豊後高田市

大分県豊後高田市の小田原という地区。その山の中にひっそりと祀られている塔ノ御堂国東塔。

 

場所:大分県豊後高田市小田原

座標値:33.5425301,131.488739

 

塔ノ御堂は「とうのみどう」と読むのでしょうか。

↑写真のように国東塔の塔身…つまり塔中央部の丸くなっている部分に四体の仏さまが刻まれています。塔身に種子が刻まれているのは見たことがあるのですが、仏さまが刻まれているのは初めて見ました。種子とは仏さまを表す文字のことで、独特の形態の文字になっています。

 

↓こちらは国東半島の石造美術 (酒井冨蔵著)P11に紹介されている国東塔の模式図です。こちらの模式図にも種子が、塔身部分に描かれています。

同書P11に、国東塔の塔身には他にどのようなものが刻まれるのかも紹介されています。これによると、銘文、種子、仏像が刻まれるとされています。銘文は製作者や、建立年月などが刻まれている文字と思われます。

 

塔ノ御堂国東塔の塔身には四体の仏さまが刻まれており、四仏(しぶつ)といわれるようです。四仏とは、大日如来を中心にして、その四方を囲む四体の仏さまを指すようです(参照;四仏(しぶつ)とは - コトバンク)。

そして、塔の台座部分に注目してみます。台座の構造を国東半島の石造美術 (酒井冨蔵著)P11の模式図で確認しますと、上から順に蓮花座、タマブチ、反花(かえりばな)となっています。

塔ノ御堂国東塔でも台座部分を確認すると↓同様の構造が確認できます。上向きの花を模した蓮花座は請花(うけばな)ともいわれるそうです。この台座部分の構造が国東半島特有であるために、特にこの形式の宝塔を「国東塔」と呼ばれるそうです(参照:豊後高田市HP 国東塔の魅力~最も国東らしい文化財~)。

 

 

塔ノ御堂国東塔のある場所

 

豊後高田市の佐野という地区から、小田原という地区へ抜ける名前のつけられていない小さな道路の途中に、「塔ノ御堂板碑」と書かれた看板をみつけることができます。

この看板から塔ノ御堂と呼ばれるお堂がある場所まで階段が伸びます↓ 車の通る道路からもお堂がちらりと見えます。

お堂のある広場に着くと、お堂に向かって左側に塔ノ御堂国東塔がみえます。2018年11月18日、境内はイチョウのじゅうたんに覆われていました。

「鬼会の里祭り」のイノシシ肉は絶品 2018年11月18日 大分県豊後高田市

毎年、大分県豊後高田市長岩屋にある「鬼会の里(おにえのさと)」で開催される「鬼会の里祭り」ですが、毎年楽しみにしています。福岡県へと移り住んでからも、毎年のように通っています。
f:id:regenerationderhydra:20181119195329j:image

場所:大分県豊後高田市長岩屋1152

座標値:33.578847,131.541714

 

 豊後高田市の長岩屋という地区の方たちが主催する小さな祭りのために、開催される日にちは、開催日の1~2か月前までは、はっきりと決まらないようです。そのため、私は地元のかたに開催日の情報を教えていただき、開催日を知ることが多いです。おおよそ11月のどこかの日曜日で開催されるようです。

 

しかし、今年は豊後高田市のホームページで開催日が掲載されていたようです。(参照:2018年11月開催のイベント | イベント | 豊後高田市)ただ、祭りが終了した今日(2018年11月19日現在)は、もう鬼会の里祭りの情報は削除されたようです。

 

2018年は11月18日に鬼会の里祭りは開催されました。毎年恒例のカラオケ大会とビンゴ大会などのほかに、今年は神楽が披露されました。そのためのステージが用意され、昨年と比較し豪華な会場となっていました。
f:id:regenerationderhydra:20181119195346j:image


f:id:regenerationderhydra:20181119195410j:image

 私が毎年楽しみにしているのが、屋台で提供されるイノシシの焼肉(¥300)です。テントの下では、細かく切ったイノシシ肉が用意されていて、注文をするとその場で焼いていただけるので、焼きたてを食べることができます。
f:id:regenerationderhydra:20181119195432j:image

 味付けは塩コショウのみ。半分に切ったカボスをいただけるので、好みに合わせてカボスをかけることができます。焼いたばかりのイノシシ肉はとてもやわらかく、ほんとうにおいしいです。脂もしっかりとのっていて、ほのかな甘みも感じられます。全く臭みはありません。

 

しかし気を付けないといけないのが、イノシシ肉は冷えると硬くなるので、熱いうちに食べたほうがいいことです。イノシシ肉を持ち帰る場合は、食べる直前に電子レンジ等で温めなおしたほうがよさそうです。

 

↓こちらは豊後高田市の名物であるソバ。山芋がかかっていて、こちらもおいしい。
f:id:regenerationderhydra:20181119195449j:image

 同じく山芋がかかった、とろろご飯。私たち家族にとって、イノシシ肉と、とろろソバ、とろろご飯は毎年注文している定番メニューとなっています。とろろソバと、とろろご飯はセットでも注文できます(¥800)。
f:id:regenerationderhydra:20181119195512j:image

 

↓こちらは今年はじめて購入してみた「めざまし餅(¥200)」です。あやふやな記憶ですが、「めざまし餅」は修正鬼会(しゅじょうおにえ)で徹夜する僧侶のために、小腹を満たすためと、目を覚ますために出される餅のことだったと思います。そのため、餅の表面に塗られている味噌はとても辛い…ということを聞いたことがあります。
f:id:regenerationderhydra:20181119195541j:image

 その情報どおり、とても辛い味噌でした。しかし餅がつきたてなので、噛むほどに甘味が口のなかに広がります。ほどよく辛味を緩和してくれます。

 

鬼会の里祭りが開催される時期には、天念寺のイチョウの樹は綺麗に色づいています。
f:id:regenerationderhydra:20181119195627j:image

天念寺(てんねんじ)の講堂横にある庚申塔

大分県豊後高田市の長岩屋という地区に、天念寺(てんねんじ)という珍しい名前のお寺があります。

 

天念寺では毎年、旧正月に修正鬼会(しゅじょうおにえ)という行事が行われており、この行事がとても迫力のある火の行事なので、その珍しさもあり、たくさんの人たちが集まってきます。

 

その修正鬼会が行われるのがこちらの天念寺講堂です↓

f:id:regenerationderhydra:20181118192955j:image

この講堂に向かって左側に庚申塔が祀られていました。いつも、天念寺には暗くなってから来ることが多かったので、これまで全くこの庚申塔の存在に気づきませんでした。


f:id:regenerationderhydra:20181118193115j:image

場所:大分県豊後高田市長岩屋

座標値:33.5784986,131.5404572


f:id:regenerationderhydra:20181118192309j:image

一面六臂の青面金剛は左手にショケラを把持しています。

f:id:regenerationderhydra:20181118193446j:image

そして青面金剛像の足元には、一鶏一猿が確認できます。猿はマンガのような印象で、にっこりと笑っているようにみえます。一鶏も「ニワトリ」というよりもカラスのような風貌です。


f:id:regenerationderhydra:20181118193842j:image

庚申塔な向かって右側面に「寛保二年」と刻まれ、1742年に庚申塔が建立されたということがわかります。

f:id:regenerationderhydra:20181118194211j:image

 

 

曲里(まがり)の松並木【長崎街道 黒崎宿】の”曲里” どういう名の由来? 福岡県八幡西区黒崎

↑曲里(まがり)の松並木

 

福岡県北九州市の小倉から、長崎県へと延びる長崎街道。この長崎街道の途中に黒崎宿(くろさきしゅく)と呼ばれる宿場町がありました。黒崎宿のすぐちかくに、現在も街道の名残がある曲里(まがり)の松並木があります。

 

場所:福岡県北九州市八幡西区東曲里

曲里松並木入口の座標値:33.8617534,130.7634177

 

曲里の名の由来は?結論から言うと、昔この地に馬借(ばしゃく・まがり)があったからということです。馬借とは、要するに旅をするひとに貸すための馬を用意している場所のことです。

 

街道の利用が盛んであった江戸時代、宿場町から宿場町へと、旅人や旅人が持つ荷物をリレー方式で、馬と人を使って運んでいたそうです。だから各宿場町には、荷物を運ぶための人馬を用意しておくよう、幕府から命令されていたとのことです(参照:人馬の「継ぎ送り」とはどういうことですか?

 

曲里(まがり)の名の由来の他の説は、この場所が街道のカーブしていた場所にあたっていたため…というものがあるそうですが、前記の説(馬借の説)のほうが有力なのだそうです。(参照【おもしろ地名北九州事典(瀬川負太郎著)】P214-215)

  

今年も見ごろをむかえてる? 和間神社のイチョウ

このイチョウの写真は、2014年11月16日に、大分県宇佐市にある和間神社で撮影したものです。今年も、もしかしたら、見頃になっているかもしれません。

f:id:regenerationderhydra:20181117162847j:image

場所:大分県宇佐市松崎

座標値:33.5577299,131.4117988

f:id:regenerationderhydra:20181117163121j:image

ポピュラーな紅葉スポットではありませんが、とても立派な銀杏の木です。通勤時に紅葉の見ごろを見計らい、ここぞ!というときに撮りに行っていました。

 

最も美しい時期は、樹全体が汚れのない黄色一色となっていました。印象に残る樹でした。

若戸大橋ライトアップ始まる 2018.12.2から

f:id:regenerationderhydra:20181116203256j:image

北九州市の若松区と戸畑区を結ぶ若戸大橋が2018年の12月2日から、毎日ライトアップされるそうです。これは、12月1日から橋の通行料が無料になることに伴ってのことだそうです。

 

大橋のライトアップは、2013年の市制50周年記念の際に行われて以来5年ぶり。12月1日は午後4時50分から戸畑区で点灯式典を行う。翌2日からは毎日、日没から午後10時まで点灯する(2018/11/16付 西日本新聞朝刊

 

若松区の高塔山から眺める若戸大橋も美しく、そして、橋の下から眺める姿もまた美しいです。


f:id:regenerationderhydra:20181116205638j:image

三脚を使用し、長時間露光で明るめに若戸大橋を撮ると、暗い空をバックに赤い橋が浮かび上がります。

f:id:regenerationderhydra:20181116205741j:image

ライトアップのための試験点灯が、11月15日にされたそうです。その写真を拝見すると、暗闇の中に、鮮やかに赤い橋を見ることができます。

 

ライトアップされた若戸大橋はどのような印象なのか、はやく実際に見てみたいです。f:id:regenerationderhydra:20181116205808j:image

雪山登山での教訓 2015年 久住山

https://www.instagram.com/p/BqN5guwlQZy/

2015年2月11日に久住山(くじゅうさん)で撮影した「エビの尻尾」です。久住山は 大分県竹田市にある標高1786Mの山です。

 

日本百名山にも選ばれており、登山に慣れていないかたでも、比較的安全に、楽しんで登ることができる山です。f:id:regenerationderhydra:20181116173017j:image

しかし、そのような登りやすい山でも、雪が積もると全くの別世界となります。2015年に登った当時、私は雪山の怖さをあまり知らなかったので大変な思いをしました。

 

いつもの感覚で、日の出前に登り始めたのですが、見慣れている登山道が雪に覆われて全く見えなくなっていました。

 

周囲も白一色なので、自分がどこにいるのか、見当をつけるのも難しいほどでした。寒い中でも、スマホのGPSが稼動してくれているのが救いとなりました。

 

このときの登山は良い教訓となりました。