日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心に史跡を巡っています。コンパクトデジカメ(SONY DSC-WX350)で写真を撮るのが好きです。詳しい撮影場所は、各記事に座標値として載せています。座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

山のなかに残っている古墓群 大分県国東市国東町横手

今回の記事では、大分県の国東(くにさき)半島へ庚申塔をさがしにいった際、古い時代のお墓があったので、記録しておきたいと思います。場所は、国東(くにさき)町横手という地区の山中です。

f:id:regenerationderhydra:20220412091042j:plain

場所:大分県国東市国東町横手

座標値:33.569198,131.676714

 

この場所へは、庚申塔をさがしにいきましたが、見つけることはできませんでした。しかし「あっ、あれは庚申塔か」と、かん違いした石塔を山中にみつけました。国土地理院地図上に、古墓群の場所を示すと以下のようになります。

f:id:regenerationderhydra:20220412092325p:plain

「横手川」と書かれた川のすぐちかくにある山、というか丘の中腹あたりに古墓群があることがわかります。横手川に架かる橋の南側に道の広い場所があったので、ここに駐車させていただき、徒歩で古墓群のある辺りまで庚申塔を探しに行きました。

f:id:regenerationderhydra:20220412092428p:plain

地図のなかで「山道入口」と示した場所からは、農道が西側にむかってのびてゆきます。下の写真が山道の実際の写真です。

f:id:regenerationderhydra:20220412090956j:plain

f:id:regenerationderhydra:20220412092825p:plain

地点(33.569198,131.676714)あたりで、左手の山のなかをみると、雑木のなかに石塔がみえました。こちらの石塔をみて「庚申塔か」と思ったのですが…

f:id:regenerationderhydra:20220412091444j:plain

よくよく近づいてみてみると、墓石であることがわかりました。

f:id:regenerationderhydra:20220412093722j:plain

草木と苔におおわれている墓石群。

f:id:regenerationderhydra:20220412093806j:plain

はじめに見つけた墓石↓

f:id:regenerationderhydra:20220412093822j:plain

もう墓石のほとんどが、森のなかへ溶け込んでいっているようです。

f:id:regenerationderhydra:20220412093858j:plain

 

f:id:regenerationderhydra:20220412094143j:plain

f:id:regenerationderhydra:20220412094527j:plain

墓石のひとつに、「元禄十三庚辰歳」と刻まれています。西暦1700年の建立ということがわかります。320年ほど前のお墓です。

f:id:regenerationderhydra:20220412094600j:plain

周囲の雑木林をながめてみると、石垣がいろんなところに残っていることがわかります。そのほとんどが草木に覆われてしまっています。昔、ここに集落があったのかもしれません。

f:id:regenerationderhydra:20220412095035j:plain

f:id:regenerationderhydra:20220412095046j:plain

遠くから古墓群のある山をながめてみると下の写真のようになっています。江戸時代、田畑を見下ろす形で丘陵地に家が建てられていたと想像されます。

f:id:regenerationderhydra:20220412095214j:plain