日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

”豊後高田国東線”沿いのお堂 隣りにまつられる庚申塔 大分県国東市国東町横手小畑

大分県の国東半島。豊後高田国東線(県道29号線)沿いに、庚申塔が祀られていました。場所は、国東(くにさき)町横手小畑という地区です。

f:id:regenerationderhydra:20220407204536j:plain

大分県道29号線沿いにあるお堂

f:id:regenerationderhydra:20220407204654j:plain

お堂にむかって右側に石塔・石仏群がまつられている

f:id:regenerationderhydra:20220407205223j:plain

場所:大分県国東市国東町横手小畑

座標値:33.5695804,131.681074

 

下の写真は庚申塔を拡大し、コントラストを強くしたものです。一面四臂(いちめんよんぴ)の青面金剛が主尊として刻まれています。青面金剛の両側に二童子がひかえます。

f:id:regenerationderhydra:20220407210335j:plain

青面金剛の足元には、二猿がうずくまるように刻まれています。猿は”かまくら”のなかにはいっているようです。ほとんど見えなくなっていますが、配置から二鶏が猿に挟まれるかたちで刻まれていることが想像されます。

 

庚申塔の、いちばん下側には庚申講中らしき文字が枠に囲われたかたちで刻まれているのがわかります。

f:id:regenerationderhydra:20220407205651j:plain

小林幸弘氏のホームページでは、こちらの庚申塔は、以下のように紹介されています。

 

塔頂部を雲形に加工し日月瑞雲が見事に表現されているのが目を引く。青面金剛と二童子、二猿と二鶏が刻出されている。参照

 

庚申塔にむかって右側面に「元禄七甲戌天」と刻まれています。元禄七年は1694年、この年の干支は甲戌(きのえいぬ)です参照。庚申塔に刻まれている文字と整合します。

f:id:regenerationderhydra:20220407205254j:plain