日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

九州で唯一 本物のジェット機が展示されている駅 福岡県朝倉郡筑前町高田

福岡県朝倉郡にある大刀洗(たちあらい)駅に、本物のジェット機が展示されているという情報を、『九州の鉄道おもしろ史(西日本新聞社)』のP64-67で得て、実際に行って、見ることにしました。

 

そのジェット機というのは「航空自衛隊T33ジェット練習機」です。太刀洗駅 駅舎の屋根と同じ高さの屋外に展示されているため、一見すると、屋根の上にジェット機が乗せられているように見えます。

場所:福岡県朝倉郡筑前町高田

座標値:33.413688,130.619137

 

どうして駅にジェット機が?

どうして駅舎にジェット機が展示されているのか?『九州の鉄道おもしろ史(西日本新聞社)』P64-65には、その経緯が紹介されています。その経緯を簡単にご紹介すると以下のようになります。

 

・太刀洗駅は元国鉄甘木線のひとつの駅だった

・1986年に国鉄から甘木鉄道会社へ経営権がうつった

・経営が合理化

・地元建設会社社長の淵上氏が太刀洗駅を借り受けた

太刀洗駅の一部を太刀洗平和記念館とした

記念館には太刀洗飛行場関係の遺品や写真が展示された

・淵上氏はT33ジェット機を自衛隊から払い下げた

・駅舎前にT33を展示した

f:id:regenerationderhydra:20190930195003j:plain

旧駅舎の前にジェット機が展示されている

ジェット機を少し引いた場所から撮影してみました↑ 後ろの建物の看板には「太刀洗レトロステーション」とかかれています。この建物は昔つかわれていた駅舎だそう(参照:P65)で、現在使用されている駅舎はこちらです↓

太刀洗駅はそもそもどんな場所だった?

太刀洗駅の南側約170mの地点に「筑前町立大刀洗平和記念館」が建設されています。もともと駅舎の一部を淵上氏個人が記念館としていました。2009年に筑前町がこの記念館を移築しました。

f:id:regenerationderhydra:20190930201106j:plain

駅と(新)記念館の位置関係

でも、どうして太刀洗駅周辺で、このような記念館を淵上氏が造ったのでしょう?太刀洗飛行場が1919年に、この場所に建設されたためです。しかし飛行場が建設された当時は、まだ、太刀洗駅は存在していませんでした。

 

軍の飛行場があったために、これに伴い、飛行場ふきんの地域(主に甘木地区)に、高射砲隊・陸軍病院などの軍施設が建設されていきました(参照:P66)。これら施設へ物資を輸送する目的で、現在の甘木線が建設されました。1939年のことです。甘木線の開通とともに、太刀洗駅も営業を開始しました。

 

太刀洗駅周辺地域は、軍の飛行場と、それに関連する施設があったのだということがわかりました。飛行場は太刀洗駅の南東方向へ約500m行った場所…現在はキリンビール工場の敷地となっている…にあったそうです(参照)。このような経緯から、太刀洗駅近くには戦争資料がたくさん展示されている「平和記念館」が建設されたのですね。