日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

志波宝満宮(しわほうまんぐう)の庚申塔 福岡県朝倉郡杷木志波

福岡県朝倉郡にある志波(しわ)宝満宮の本殿裏側に庚申塔を見つけることができました。そもそも、この志波宝満宮へ行こうと思ったのが、お宮を取り囲む杜が天然記念物に指定されているためでした。

場所:福岡県朝倉郡杷木志波

座標値:33.363163,130.770949

 

庚申塔は四角柱のシンプルな形のもので、庚申塔に向かって右側面に「寛政十戊午十一月吉日」と刻まれており、西暦1798年の11月に、この庚申塔が建てられたことがわかります。

 

周囲の境内環境に目を向けてみます。大きな岩がゴロゴロと転がっており、この大きな岩をうまく利用して、お宮が建てられています。

境内を取り囲む杜には…暖地性の植物が生い茂っており、ここを北限とする貴重な種類もある…ということです(参照:朝倉市ホームページ 志波宝満宮社叢)。そのために、この杜自体が、福岡県の天然記念物に指定されています。

このお宮があるのが標高43mほど。お宮から西へ100mほどの場所に流れる筑後川の標高が約28m。その差は15mほど。

筑後川から急な階段を何段も上りつめた場所に、志波宝満宮境内があります。小高い岩山の上に建てられたお宮という感じです。