日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

まるで物語のなかの一景 大分県中津市 深耶馬(しんやば) 麗谷(うつくしだに)

大分県中津市の耶馬渓(やばけい)にある「うつくし谷」にある治水ダムを撮った写真です。

場所:大分県中津市耶馬溪町 深耶馬

座標値:33.367265,131.163678

 

渓流をさえぎるように建てられたブロック塀に、二か所、写真のようなアーチ型の水路がついています。ブロック塀は苔むし、たくさんの草がはっています。塀の周囲には、透明度の高い水が流れています。まるで物語の一節にでてくる廃墟のようです。

「うつくし谷」は漢字で書くと「麗谷(うつくしだに)」となります。この麗谷は、一目八景(ひとめはっけい)などの観光地がある深耶馬渓(しんやば)から、玖珠郡(くすぐん)の鳥屋(とや)という集落にまで伸びています(参照)。地形図で、深耶馬から鳥屋の集落付近までの距離を測ってみると、約2.4kmでした。

 

地元のかたの話によると、以前は、深耶馬から鳥屋の集落まで沢沿いに歩いていくことができたようですが、いまでは行くことができるかどうかはわかりません。

 

いまでも、麗谷沿いには、麗谷入口から1㎞ほど遊歩道が整備されています。平成初期にあった台風により遊歩道の一部が荒れ、途中までしか行けなくなったそうです。1㎞以上、谷を歩いていくには、沢に入っていく必要がありそうです。