日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。九州北部を中心に史跡を巡っています。巡った場所は、各記事に座標値として載せています。座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで場所が表示されます。参考にされてください。

山神社の宝篋印塔(ほうきょういんとう) 大分県豊後高田市黒土

大分県、国東半島(くにさきはんとう)の黒土という地区に山神社が鎮座します。山神社の参道脇に、供養塔の一種である宝篋印塔(ほうきょういんとう)がまつられていました。

場所:大分県豊後高田市黒土

座標値:33.596142,131.556593

 

やや小ぶりな宝篋印塔の塔身部分には、4つの各面に梵字がきざまれています。案内板によると、金剛界の四仏である不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)、阿閦如来(あしゅくにょらい)、宝生如来(ほうしょうにょらい)、阿弥陀如来(あみだにょらい)の梵字が刻まれているとのことです。

 

また「永正十三年丙子三月十日」「願主敬白 三郎太郎」の文字が刻まれているとのことです。永正十三年は西暦1516年で室町時代。この年の干支は丙子(ひのえね)です。

正面から撮影