日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

田神社の庚申塔 福岡県朝倉市本町

田神社の正面入り口にちょっとした広場があり、その広場の右側に庚申塔が祀られていました。朝倉市にたちよったとき、朝倉市にまつられる庚申塔場所の詳細資料が手元になかったため、ふきんの神社をひとつずつ歩いて探してみることにしました。そんな矢先に今回の庚申塔をみつけることができました。
f:id:regenerationderhydra:20200806200540j:image

場所:福岡県朝倉市本町 田神社

座標値:33.4163368,130.6573024


f:id:regenerationderhydra:20200806200557j:image

庚申塔の正面には猿田彦大神とおおきく刻まれており、右側面には「明□六丑年四月吉日」という文字が確認できました。「明□」の部分は、はじめ「明治」と推測しましたが明治六年だと干支は「癸酉(みずのととり)」となり、庚申塔にきざまれている「丑」という文字と整合しません。

 

しかし「明治」ではなく明和六年だと、干支は「己丑(つちのとうし)」で「丑」という文字と整合します。そのため明和六年と刻まれている可能性が高いと考えます。明和六年だと西暦1769年です。
f:id:regenerationderhydra:20200806200609j:image