日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

天神社の参道脇にまつられる庚申塔 福岡県朝倉市倉吉

f:id:regenerationderhydra:20210814022605j:plain

f:id:regenerationderhydra:20210814022626j:plain

f:id:regenerationderhydra:20210814023201j:plain

庚申塔の表面の文字は、風化によりほとんど判読することはできまんでした。かろうじて猿田彦大神の文字が見えます。

f:id:regenerationderhydra:20210814023223j:plain

庚申塔の裏側に↓、文字が刻まれているのは確認できますが、なにか刻まれているのかはわかりません。そこで『温故 第57号』P.13(甘木歴史資料館だより 2016年10月12日発行)を参照して刻まれている文字を確認しました。

f:id:regenerationderhydra:20210814023244j:plain

 

碑面 碑面(建立年)
猿田彦大神 明治十六(目視で確認できず、『温故』 第57号を参照)

 

建立年 干支 干支読み方
1883 癸未 みずのとひつじ

 

場所 座標値
福岡県朝倉市倉吉 33.377927,130.645854