日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

産土神社にまつられる庚申塔 大分県豊後高田市呉崎

産土神社にまつられる庚申塔 大分県豊後高田市呉崎

場所:大分県豊後高田市呉崎
座標値:33.577227,131.447906

 

産土(うぶすな)神社境内に祀られる猿田彦大神の文字庚申塔。拝殿にむかって右奥に庚申塔は祀られていました。神社拝殿周囲は雑草がボウボウとなって膝高ほどになっていました。草をかきわけながら庚申塔の近くにまで行く必要がありました。

大分県豊後高田市呉崎 産土神社の庚申塔

猿田彦大神という文字の両側に「弘化四年 未四月吉日」の銘が刻まれます。弘化四年は1847年で干支(かんし)は丁未(ひのとひつじ)です。庚申塔の上部には日輪と三日月が線刻されています参照:国東半島の庚申塔(小林幸弘)。 

f:id:regenerationderhydra:20200715053753j:plain

豊後高田市に住んでいたとき、産土神社を参拝した際、”どんど焼き”が行われている最中でした。ちょっとした思い出のある神社です。

産土神社(うぶすなじんじゃ) 大分県豊後高田市呉崎