日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

建立年が不明な庚申塔 福岡県北九州市 徳吉南

北九州市小倉南区から福智山系を越えて、八幡西区へと移動しているときに、猿田彦庚申塔をたまたま見つけることができました。

 

北九州市小倉南区を南北に走る国道322号線があり、これを南方向へと車を走らせます。徳吉という交差点で国道322号線から県道258号線が分岐するので、258号線へと進みます。分岐点から150mほど行くと、左側に下の写真のような庚申塔を見つけることができます。

場所:福岡県北九州市小倉南区徳吉南

座標値:33.8103789,130.8557627

 

庚申塔の前にはコンビニのミニストップがあります。

庚申塔のすぐ隣の敷地には北都観光バスの会社があって、少し道幅が広くなっていたため、少しだけ車を停めさせていただきました。

 

庚申塔には「猿田彦大神」と刻まれ、その文字に向かって右側に建立年が刻まれているようです。

この建立年の判読が難解です。「文化二七歳」と刻まれているように見えますが、文化という年号は十五年までしかありません。よって二七は間違いとわかります。

 

他にはどう読めるのか推察してみます。「二」は確実に刻まれているようなので、文化二年と推察してみます。ときどき年数とともに、その年の干支(かんし)の一文字が刻まれていることもあります。文化二年の干支は?乙丑(きのとうし)です。「七」に見える箇所が「丑」に見えないか?

見えません。丑と読むには、なかなか難があります。

 

それでは「二」と刻まれている箇所が、もしかしたら「一」あるいは「十」なのかもしれないと推察してみました。仮に「一」としたら「一七」…つまり文化十七年となります。しかし文化は十五年までしかないので、これも当てはまりません。

 

そもそも「文化」と読んでいる箇所が「文」のつく他の元号なのでは?「文」がつく元号で、庚申塔が造られている江戸時代を調べてみると、「文化」「文政」「文久」の三つのみです。そのどれもが15年以内に終わっています。そのため、「二七」が当てはまる元号はここにもありませんでした。

 

まとめとして、一応この時点では「文化二七歳」と刻まれていると判断しておきます。しかし文化(元号)には27年はないので、刻まれている文字が表している意味は不明であるとしておきます。

 

こちらの庚申塔も、google マイマップ「福岡県の庚申塔」に登録しています。

福岡県の庚申塔 - Google My Maps