日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

東光寺の国東塔? 大分県杵築市横城

場所:大分県杵築市横城

座標値:33.4486710,131.6956157

f:id:regenerationderhydra:20201103205131j:image

国東塔の塔身部分に仏さまの姿が刻まれています。このように塔身に仏さまが刻まれる種類の国東塔は、「塔ノ御堂国東塔」で見たことがあります参照

 

塔ノ御堂国東塔には四基の石仏が刻まれていて、「四仏(しぶつ)」といわれます。

 

一方で、東光寺境内にまつられる国東塔の塔身には、みたところ1基の仏さまのみが刻まれているようです。

f:id:regenerationderhydra:20201103210659j:image

この塔には、国東塔独特の「反花(かえりばな)」という構造がはっきりとみえません。国東塔と言ってよいのか迷うところですが、ここでは東光寺の国東塔としてご紹介します。