日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

都島展望公園からの夜景 福岡県北九州市戸畑区 牧山

場所:福岡県北九州市戸畑区 牧山

座標値:33.894521,130.809865

 

洞海湾をはさんで若松区の夜景を撮影。石炭の積み出し港で栄えた町で、今は埋立地区が整備されてとても美しい港町になっています。若松区の対岸からながめると、埋立地に林立するマンションが圧倒的な存在感をもっていました。マンションの背後にみえる山は高塔山・石峰山です。

都島展望所からながめる若松区の夜景

都島展望公園からも若戸大橋を真横からながめることができます。橋の全体を写真にとることができたのですが、遠くから橋全体を撮ると、なんとなく迫力に欠け若戸大橋の魅力がひきだせていないように感じました。

夜の若戸大橋

ただ遠方から橋をながめると、洞海湾の水面に橋の光や周囲の工場の光が反射し、これが美しい模様になっています。

若戸大橋の光が水面に反射する

北九州市若松区には石峰山・高塔山があり、その山々と洞海湾との狭い範囲に住宅地が密集しています。その密集した雰囲気を夜景として写真に撮ってみたかったのですが、都島展望公園からでは難しかったです。

 

住宅が密集している感じを撮るには、石峰山や高塔山から町を俯瞰して撮る必要がありそうです。