日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

石峰山の頂ちかくにある謎の仏像と祠 福岡県北九州市若松区藤木

福岡県北九州市若松区には、高さ302.5mの石峰山という名前の低山があります。石峰山は登山道がよく整備されているので、往復1時間ほどの体力づくりの登山には最適です。雨が降っていても傘をさして登れます。雨の日でも、樹々の間からさす少ない光が山道を照らし、それがまた美しいです。

石峰山登山道

石峰山登山道(33.9035631,130.775522)付近

この石峰山山頂の標識から北西へ約45mいった森の中に立派な不動明王立像が祀られます。主な登山道からはずれた場所にあるので、人目につくことはほとんどないのではないでしょうか。

石峰山の不動明王像

石峰山の不動明王像

「北九州市史(民俗)」のなかを、この不動明王について書かれている部分はないか探していますが、それらしき記述はありません。比較的、新しい時代(昭和)のものと思われますが、誰がどんな目的で祀ったのかは不明です。

 

座標値:33.9036450,130.7719570

 

不動明王像が祀られる場所にちかいところに、もうひとつ不思議なものがあります。

不動明王像ちかくにある石祠 石峰山

不動明王像ちかくにある石祠

座標値:33.9036447,130.7719573

 

石祠以外には朽ちた鳥居だけが残ります。鳥居が残っていれば、その額束(がくづか)をみれば祀られている神様の名前などがわかったかもしれません。しかしそれも残っていません。

 

憶測ですが、石祠の北側220m…石峰山中腹に石峰神社があるため、この奥宮かもしれません。