日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

五輪塔が参道沿いに祀られる 大分県国東市千燈

大分県の国東半島(くにさきはんとう)各所に多数の寺院を開いたとされる、伝説の僧侶である仁聞(にんもん)。仁聞菩薩がなくなったとされているのが、ここ、旧千燈寺(大分県国東市国見町千燈)です。

f:id:regenerationderhydra:20190402091643j:plain

仁聞国東塔と五輪塔群

はじめてここを訪れたとき、あまりにもたくさんの五輪塔に圧倒されました。訪れるひとが少なく、妙に心おちつく場所だったので、大分県に住んでいたときは、たびたびこの場所へ足を運んでいました。

 

写真の左側、大きな国東塔が仁聞菩薩のお墓と云われる宝塔です。その仁聞国東塔の周囲に、参道に沿って五輪塔が祀られている風景がなんとも大分県らしい景色だと感じます。