日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

静かな場所にひっそりと

大分県南側には比較的たくさんの磨崖仏が造られています。その代表的なものが臼杵石仏(うすきせきぶつ)。国宝に指定されています。でもこういった↓磨崖仏を巡るのも好きです。

平安時代の終わりごろ作られたと考えられている宮迫西石仏。向かって左から、薬師如来、釈迦如来阿弥陀如来と配置されており、薬師如来は現世に、釈迦如来は過去に、阿弥陀如来は未来に、それぞれご利益があると言われているそうです。昭和9年頃に塗りなおしたとされ、たしかに色がしっかりと残っています。

 

場所:大分県豊後大野市緒方町久土知

地図:Google マップ