日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

中津市三光(さんこう)諌山 貴船神社の庚申塔

場所:大分県中津市三光諌山

現在地から「三光 貴船神社」の庚申塔:Google マップ

 

中津市にある庚申塔をさがしにいくのは

ちょっと遠いのでほとんどない。

だけど中津に立ち寄る用事があったので

中津でもコウシンさまを探してみました。

 

東九州自動車道が走るすぐちかく。

貴船神社の境内に二基の庚申塔が祀られてるという。

 

↓これがその貴船神社。

神社下に車が一台ほど停められるスペースがあったので

ここに車を停めて境内へ。

 

梅雨にはいって草がぐんぐんのびてる。

境内はほとんど人がはいらないようで

草がぼうぼう。

 

地面の土も踏み固められていないので

なんだかクッションの上を歩いているように

ふわふわとやわらかい。

小さなしめ縄がつけられてる樹の近くに

二基の庚申塔。

庚申塔につけられてたしめ縄は

朽ちておちてしまってる。

 

文字塔だけどずいぶん風化してるので

文字がよみにくい。

頭の部分に丸い記号のようなものが刻まれてて

もしかしたら梵字なのかな。

 

庚申塔と対面した場合、右側の庚申塔に

↓元禄十三年(?)二月吉日と記されてる

元禄十三年は西暦1700年。江戸時代ごろ。

ほとんど人のこない神社で

さらにひっそり境内のかたすみに祀られるコウシンさま。

造られた当時は、おそらく、このあたりの集落の人たちから

拝まれていたんでしょう。

 

いまは目立たず、でも害悪から集落の人たちを

いまも変わらず守っているコウシンさま。

 

また明日から九州地方に大雨が再来するようです。

 

 

スポンサーリンク

 「国内最安級500円」のミニサーバー GMOクラウド ALTUS