日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

槍をもつ青面金剛が刻まれた庚申塔 大分県杵築市大田波多方

2020年9月23日(水)に「大威徳明王像とともにまつられている庚申塔 大分県杵築市大田波多方」という記事で、杵築市大田波多方の庚申塔をご紹介しました。今回は、その庚申塔がある場所から東北東へ約580mの場所にある庚申塔をご紹介します。

f:id:regenerationderhydra:20200924202418j:plain

場所:大分県杵築市大田波多方

座標値:33.475068,131.555451

 

大分県道31号線の看板がたっている場所に、北側の山の斜面にはいりこむ箇所があります。

f:id:regenerationderhydra:20200924205644j:plain

入り込んだ先の竹林のなかに庚申塔がありました。二基の石祠にはさまれています。庚申塔にむかって左側の石祠には大威徳明王像がまつられています。右側の祠には、弘法大師像でしょうか。地蔵菩薩のような石仏がまつられています。

f:id:regenerationderhydra:20200924205855j:plain

庚申塔には髪がさかだって、とんがり帽子をかぶっているようになった青面金剛像がきざまれています。青面金剛は一面四臂。右手に長い槍と矢をもっているようです。左手には弓と宝玉のようなものをもっています。

f:id:regenerationderhydra:20200924210230j:plain

身に着けている衣類はゆとりのあるもののようで、衣類のヒダが表現されています。

f:id:regenerationderhydra:20200924211136j:plain

青面金剛の両脇にはニ童子が刻まれ、足元にはお互いに向かい合ったニ猿二鶏がきざまれています。猿はお互いに手をふれあっていて、ハイタッチをしているようにもみえます。

 

私は確認できなかったのですが、小林幸弘氏が運営するHP「国東半島の庚申塔-14021-」では享保三年の建立年が刻まれていることが紹介されています。享保三年は西暦1718年です。