日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

猿田彦大神とかかわりのある池 -比良夫(ひらぶ)貝伝説地- 福岡県北九州市小倉南区蜷田若園

駐車場の奥に、雑草におおわれた小さな池があります。

f:id:regenerationderhydra:20200906203207j:plain

この池は、湧き水が自然にたまったものということです(参照:案内板)

f:id:regenerationderhydra:20200906203229j:plain

お御手洗(みたらい)とよばれるこの池には、むかし比良夫(ひらぶ)貝という2枚貝がいました。猿田彦大神はこの貝に手をはさまれて水中に引き込まれ、没したといわれます。

 

場所:福岡県北九州市小倉南区蜷田(になた)若園

座標値:33.8439818,130.8898999

f:id:regenerationderhydra:20200906204004j:plain

2020年9月6日時点では、雑草におおわれ、ほとんど池の姿がみえなくなっていました。Google mapの航空写真では、ひょうたん型の池の姿がはっきりと確認することができます。