日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

三叉路の一角にまつられる庚申塔 福岡県朝倉市持丸

安永二年(1773)の記銘がある…おそらく…猿田彦大神と刻まれた庚申塔を福岡県朝倉市でみつけることができました。↓下の写真をみていただくとわかるように、巨大な庚申塔です。朝倉市地域にある庚申塔は巨大なものが多い感じがします。
f:id:regenerationderhydra:20200801071132j:image

 

場所:福岡県朝倉市持丸

座標値:33.4333899,130.6679337

 

正面から石塔をながめてみると、かすかに「田彦」らしき文字がみえます。
f:id:regenerationderhydra:20200801071142j:image

↓写真を加工して凹凸面を強調した画像です。こうして加工しても判読しにくさは、ほとんど変わりませんでした。

f:id:regenerationderhydra:20200801071209j:image

石塔にむかって右側面に「安永二年」という文字がみえます。安永二年は1773年です。
f:id:regenerationderhydra:20200801071158j:image