日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

磯に鳥居だけが残る不思議な光景 福岡県芦屋町


f:id:regenerationderhydra:20181114202011j:image

狩尾岬の西側、岬の付け根にあたる部分にある鳥居です。この写真は7月21日に撮ったもので、夏期には鳥居の向こう側にちょうど日が沈み、良い画となります。以前に撮った写真を見返していて見つけた写真です。

 

場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿
座標値:33.9118688,130.6635040

 

この写真を見ていて疑問に思ったのが、狩尾岬には神社らしきものはないのですが、どうして鳥居だけが海岸の磯部分にあるか?ということです。

 

ほんとに神社はないのか地形図で調べてみると、狩尾岬のちょうど中央部に「神社の記号」が確認できます。


f:id:regenerationderhydra:20181114201825j:image

 

「狩尾岬 芦屋 神社」で検索すると、芦屋町観光協会のページで…

 

昔は岬内に狩尾神社があったのですが、現在はその社殿もなくなり遊歩道が残る岬になっています

 

…との情報が紹介されていました。昔、狩尾神社が岬にあったのですね。

 

地形図には狩尾神社へと続く階段らしきものが記載されています。社殿はなくなっていても、もしかしたら神社があった痕跡が探せるかもしれません。