日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

逆立ちする狛犬 二足で立つ狛犬 大分市羽田

大分市の羽田という地区に大分社(おおいたしゃ)という名前の神社があり、ここに庚申塔群が祀られているという情報を得ました(参照:大分社庚申塔群)。そこで、大分社へ行ってみたのですが、その際、おもしろい形の狛犬を見つけることができました。

 

二本足で立っている狛犬の吽形。

逆立ちをしている狛犬の阿形↓ さらに阿形の左前足には玉が把持されています。

場所:大分県大分市羽田 大分社

座標値:33.216634,131.631287

 

この狛犬は拝殿の両側に(拝殿の前方の両脇ではない)祀られていました。阿形の近くに案内看板がありましたが、これら狛犬についての詳細な説明はありませんでした。

ただ、大分社内には狛犬が五基あり、これらの修復が行なわれたことが記されていました。たしかに、はじめにご紹介した二基の狛犬には、ところどころに修復跡が残っていました。

 

↓阿形については顔の大部分が白く変色しているので、顔が大きく欠けてしまっていたのかもしれません。

↓吽形のほうは顔が綺麗に残っていますが、両耳と両足はどちらも修復されたようです。

これらの珍しい形の狛犬は、以前に佐賀県唐津市唐津神社で見たことがあります。

このような珍しい形の狛犬が、この場所に祀られるのには理由があるのか調べてみましたが、その由来はわかりませんでした。

 

しかし、逆立ち狛犬は石川県の金沢、松任野々市に集中して祀られているのだそうです(参照:珍しい「逆立ち狛犬」 なぜ金沢に多いの?)。

 

このサイトでも紹介されていますが、これらの狛犬も石工の遊び心で造られたものなのかもしれません。