日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

庚申塔を10年間も探し続けた人がいた 大分合同新聞 2017年2月4日のうれしい記事

この新聞記事をみて、ほんとうれしかったです。

ぼくは趣味として大分県庚申塔(こうしんとう)を探しまわってきて、福岡県に移ってからも庚申塔を探しています。

 

ooitasyuyu.hatenablog.com

 

 

他にこんなマイナーな趣味をもっているかたに出会わず、まあ、自分が楽しければ…と思って続けていました。「大分合同新聞」2017年2月4日の記事で、なんと国東市内の庚申塔を10年ものあいだ探し、記録してきたかたの記事を、たまたま見つけました。

 

おもわず興奮してしまいました。

新聞記事によると、国東市の大上文紘さんが退職後、国東市庚申塔を10年間620基もの数を撮り続け、それを「くにさき史談会」の会員の方がたとともに編集し、一冊の本にまとめあげたそうです。

 

庚申塔にほられた像の詳細な情報はもちろん、庚申塔のある場所への道案内情報も詳細に記されているそう。

 

「くにさき史談 第九集 特集 国東市庚申塔と仁王像」という本で、一冊1000円です。

 

国東半島の庚申塔についての書籍は一冊持っていますが、この「くにさき史談 第九集」もさっそく注文してみました。届くのが楽しみです。