日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

中尾公民館にまつられている庚申塔 福岡県北九州市八幡西区楠橋東

『北九州市まちかど探検』の「八幡西区木屋瀬・楠橋地区」の史跡を参照させていただき、八幡西区の楠橋(くすばし)東地区に庚申塔(こうしんとう)をたずねました。

 

2021年3月28日(月)に訪ねた際は、公民館敷地内の桜がみごとに満開でした。

f:id:regenerationderhydra:20210329205918j:plain

f:id:regenerationderhydra:20210329205650j:plain

公民館敷地の北端部分に木製の祠があり、その左隣に「興玉神(おきたまのかみ)」と刻まれた庚申塔がありました。

f:id:regenerationderhydra:20210329205630j:plain

場所:福岡県北九州市八幡西区楠橋東

座標値:33.789572,130.732767

 

f:id:regenerationderhydra:20210329205555j:plain

自然石に「興玉神」とだけ刻まれており、石塔の側面にも裏側にも、建立年月や願主などの銘は刻まれていませんでした。

f:id:regenerationderhydra:20210329205708j:plain