日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

長崎街道沿いにある愛宕山(あたごやま)護国院(ごこくいん)の庚申塔 福岡県八幡西区木屋瀬

福岡県八幡西区に木屋瀬(こやのせ)という地区があり、ここは昔、長崎街道の宿場町でした。その木屋瀬宿の一画に「愛宕山(あたごやま)護国院(ごこくいん)」という小さなお堂が建てられています。このお堂には不動明王様が祀られています。

f:id:regenerationderhydra:20191104212504j:plain

愛宕山護国院と長崎街道

愛宕山護国院は、長崎街道沿いにあります。このお堂は、1493年に建てられました。建てられた目的は、当時流行していた火災や病気をおさめるためです(参照)。

 

護国院の境内は、ほんとに狭く、その狭い境内に所狭しと石灯籠や石仏などが祀られています。その祀られているもののなかに、庚申塔を見つけることができました。

f:id:regenerationderhydra:20191104211235j:plain

庚申塔には建立年月などは刻まれておらず、「庚申尊天」とのみ刻まれていました。

ネット上で、この庚申塔について書かれているサイトを参照してみても(参照)、やはり建立年の記銘は確認できないようです。

 

場所:福岡県北九州市八幡西区木屋瀬4丁目

座標値:33.777493,130.720725