日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

福智山山頂で見れた10分ほどの景色 福岡県直方市頓野

場所:福岡県直方市大字頓野 福智山山頂

座標値:33.742436,130.803845
f:id:regenerationderhydra:20191103191017j:image

2019年11月3日(日)、6時50分ごろの景色です。福智山山頂から北側を眺めます↑福智(ふくち)山から、隣の山である尺岳(しゃくだけ)へと続く尾根に雲がかかっています。

 

風が強くて、雲が西から東側へと、すごいスピードで移動していました。福智山山頂付近は、ほとんどの時間、雲に覆われていました。ときどき、雲が切れ視界が開けるので、その瞬間に写真を撮ることができました。

f:id:regenerationderhydra:20191103191035j:image

↑こちらは福智山山頂から西側を眺めた写真です。山を覆いはじめたこの雲は、こちらへ向かってきました。すると、みるみるうちに周囲は真っ白。


f:id:regenerationderhydra:20191103191049j:image

↑こちらは福智山山頂から東側を眺めた写真です。6時55分に雲の隙間から橙色の太陽が顔を見せてくれました。

 

余分な雲が吹き飛ばされると、尾根にとりついた雲が滑らかなわた菓子のようです。
f:id:regenerationderhydra:20191103191104j:image

 

山頂に、わたしが着いてから、ほんの10分ほど見ることができた景色でした。
f:id:regenerationderhydra:20191103191121j:image