日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

多数の紙とうろうが幻想的 「中津城あかり 2019」 大分県中津市二ノ丁

先日、大分県に用事があった際、帰宅中に中津市に寄りました。中津市に寄った理由は、中津城で「豊前の国 観月 中津城あかり」というイベントが開催されていたためです。

場所:大分県中津市二ノ丁 中津城敷地内

座標値:33.607021,131.186853

 

大分県中津市公式観光サイト」では以下のように、このイベントの紹介が行なわれています。

 

中津城のたもとに、色とりどりの紙とうろうが並び、静かに揺らぐろうそくの光で幻想的な世界が広がります。中津城の天守閣からは、紙とうろうで描いた文字や地上絵を見下ろすことが出来ます。

 

2019年は10月12日(土)から10月14日(月)まで開催されていたようです。わたしたちが、このイベントに行った日にちは、10月13日(日)でした。

 

紙とうろうの数はかぞえきれいないほど。天守閣の前の広場にはもちろん、中津城を囲む薬研堀の周囲にも、天守閣へと続く道の両脇にも、天守閣と山国川との間の土手にも、たくさんの紙とうろうが配置されていました。

 

薬研堀の周囲に配置されている紙とうろうは、地上絵となっており、天守閣から見おろすと何かの絵柄となっているのがわかるのでしょう。しかし私たちは天守閣まではのぼらなかったので、地上絵は未確認です。

中津城の北東にある「中津城二の丸公園」では、ステージイベントが開催されており、露店も多数設置されていました。とてもにぎやかでした。

 

大分県中津市公式観光サイト」を少し詳しく調べてみると、2017年も2018年も、この「豊前の国 観月 中津城あかり」は開催されていたようです。毎年10月ごろ(17時~21時すぎ)に開催されるイベントなのですね。

 

中津城周辺の駐車場は満車で、周辺は住宅街で路駐もできないので、駐車は苦労します。会場から少し離れた場所に駐車し、歩いて会場まで行く必要があります。

 

とても美しい景色をみせていただきました。