日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

豪華客船「クイーン・メリー2」が北九州港へ初寄港

豪華客船「クイーン・メリー2」が今年(2019年)に、日本へ寄港するのは、福岡県北九州市だけなんだそうです。せっかくなので、仕事おわりに拝見しにいきました。場所は北九州市若松区のひびきコンテナターミナル(若松区響町3丁目)。

入港が朝の8時だったのですが、約2時間遅れで「クイーン・メリー2」は入港したそうです。その関係で出航が18時予定だったのが、結局20時近くとなりました。わたしにとってはこの遅れがありがたく、このおかげで、「クイーン・メリー2」を拝見することができました。

 

想像していたよりもはるかに大きな船で、夜だったのもあり、とても美しかったです。急いで、ひびきコンテナターミナルまで行ったので、一眼レフは持っていけなくて、コンパクトデジカメ(FUJIFILM FinePix XP130)で撮影。周囲をみると、一眼レフ・三脚持参で撮影されている方々もおられました。

さすがにコンテナターミナルだけあって、じゅうぶんな駐車場が準備されており、ゆったりと駐車することができました。20時の出航にあわせて花火があがりましたが、もうそのころには、渋滞をさけるために、たくさんの人たちが早々に引き上げていっていました。

わたしたちも、追われるように車を急いでターミナルから出庫しました。後ろに花火の音を聞きながら、なんとか渋滞を逃れ出庫することができました。たくさんの屋台が出ており、たくさんの方たちがクイーン・メリー2を見送っていました。

それなりに寒い夜だったのですが、たくさんの方達の熱気と屋台の熱で、クイーン・メリー2の前の港は、ほんのりと暖かかったです。