日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

カルスト台地に祀られる庚申塔 福岡県北九州市小倉南区平尾台

日本三大カルストと呼ばれる福岡県にある平尾台(ひらおだい)。平尾台は大部分が石灰岩でできている標高300~700mの”カルスト台地”です。そんな珍しい台地のうえに小さな集落があります。

f:id:regenerationderhydra:20200608202241j:plain

この平尾台の集落にも庚申塔をみつけることができました↓

 

f:id:regenerationderhydra:20200608200501j:plain

場所:福岡県北九州市小倉南区平尾台

座標値:33.758727,130.896387

 

民家の一角、大きな樹の下に庚申塔が祀られていました。「猿田彦大神」と中央に刻まれ、その両側に「天保五 午」「二月下旬」という文字が確認できます。天保五年は1834年です。

f:id:regenerationderhydra:20200608201019j:plain

周囲は牧歌的な風景がひろがっています。草原では山羊が草を食んでいました。

f:id:regenerationderhydra:20200608203014j:plain

この場所から東へ500mほど進むと↓下のような石灰岩がむきだしの絶景がひろがります。平尾台集落は山の上の小さな集落なので、まさかここで庚申塔にであえるとは思いませんでした。

f:id:regenerationderhydra:20200608203543j:plain

野焼き後の平尾台