日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

厳島神社の庚申塔 福岡県遠賀郡 新松原

福岡県遠賀郡岡垣町の新松原という集落。この集落のほぼ中央部に、厳島神社という小さな神社が祀られています。厳島神社は集落の中央部にあり、こんもりとした杜に囲まれています。

 

厳島神社へと続く参道は、民家と民家との間にある↓このような細い路地です。

路地の先には数段の石段と、その上に鳥居があります。

鳥居をくぐると小さな拝殿と、拝殿の左側に祠。祠の前に目的とする庚申塔があります。

場所:福岡県遠賀郡岡垣町 新松原

座標値:33.872736,130.591843

 

庚申塔には「猿田彦大神」と刻まれ、庚申塔に向かって右側面に「明和元年」、左側面に「申 十二月吉日」と刻まれます。明和元年は西暦1764年です。