日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

隆守院ちかくの庚申塔 福岡県岡垣町吉木

福岡県遠賀郡岡垣町の吉木という地区に、隆守院という寺院があります。この寺院の入口ふきんに今回ご紹介する庚申塔が祀られていました。

 

吉木という地区には、今回の庚申塔とは別に、福岡では珍しく青面金剛像が刻まれた庚申塔があります。

 

今回ご紹介するのは、こちらの文字塔です。
f:id:regenerationderhydra:20190817040134j:image

場所:福岡県遠賀郡岡垣町吉木

座標値:33.8580014,130.6027986f:id:regenerationderhydra:20190817041333j:image

「奉拝 庚申塔」と正面に刻まれています。

塔に向かって右側面に「宝永七年 正月吉日」と刻まれます。

f:id:regenerationderhydra:20190817041955j:image

宝永七年は西暦1710年です。

 

吉木という地区は、細い路地が迷路のように走っていて、昔からの街並みが残っている地区です。車はかろうじて2台すれ違うことができる幅です。

 

一方で、この庚申塔が祀られる隆守院には専用の広い駐車場があります。少しだけ駐車場に停めさせていただきました。駐車場からでも、庚申塔が祀られているのが、見ることができました。

 

庚申塔の隣には、岡垣四国霊場 56番札所のお堂がありました。