日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

久留米市で見つけた初めての庚申塔 北野町大城

久留米市の今宮八幡宮を訪ねたときに、たまたま路傍で庚申塔を見つけました。

 

場所:福岡県久留米市北野町大城

座標値:33.3323633,130.6138313

T字路の一角…垣根の間に祀られていました。「猿田彦太神」と刻まれています。

庚申塔を横から見ると、大分県玖珠郡でよく見かける腰が曲がったように見える形状をしていました。庚申塔に向かって左側面に文字が刻まれています↓

だいぶ文字は風化していますが、写真に撮った後で拡大するとなんとか内容を確認することができました↓

「寛政十二年 九月吉日 願主中」と刻まれていると思われます。寛政十二年は、ちょうど庚申(かのえさる)の年。西暦1800年でした(参照)。