日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

円通寺のトリ庚申 福岡県宮若市山口

珍しい庚申塔であるトリ庚申を、また探してみました。今回の庚申塔がある場所について、情報が掲載されていたのが書籍『遠賀川』(香月靖晴著)P46です。 

 この庚申塔が祀られているのは、円通寺の境内。本堂に向かって左側の丘…木の根元にありました。 

 

場所:福岡県宮若市山口

座標値:33.734248,130.567940

 

書籍『遠賀川』によると、以前は別の場所に祀られていましたが、1955年に現在の場所に移したのだそうです。

 

庚申塔には「取里庚申」という文字が刻まれています。塔に向かって右側面には「天保十四年」とのみ刻まれています。天保十四年は西暦1843年。干支は癸卯(みずのとう)です。

 

 

この円通寺は、以前紹介した「馬口の滝」のすぐ近くにある寺院です。

ooitasyuyu.hatenablog.com

 やはり宮若市は自然豊かで、古くからの文化がたくさん残されている場所のようです。もう少し宮若市のいろいろな場所を巡ってみたいと思います。