日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

福岡の銘菓がお得にたべられる 『如水庵』工場直売所 福岡県古賀市鹿部

福岡県古賀市をよこぎる国道3号線を車ではしっていると、銘菓『筑紫もち』で有名な『如水庵 工場直売所』の看板をみつけました。工場直売所とみたら、やっぱり通常価格よりも少し安く商品が購入できるのかも…と期待してしまいます。

 

ということで『如水庵 工場直売所』に、ちょっと寄ってみることにしました。どれくらいお得に、福岡の銘菓が食べられるのでしょう。

 

場所:福岡県古賀市鹿部316-24

座標値:33.713892,130.464240

如水庵 じょすいあん 工場直売所

如水庵(じょすいあん)工場直売所

如水庵さんの定番商品はこちらの筑紫もちです。

如水庵 筑紫もち

筑紫もち

プラスチックのパックのなかに、黒蜜ときな粉をかぶった餅がはいっています。

黒蜜をきな粉の上にかけて…

付属のクシですくって食べます。とてもやわらかい餅にトロトロで甘い黒蜜がからんでいます。きな粉のいい香りが、やわらかい餅と良いハーモニーをつくりだしますね。

この筑紫もちの二号品も、直売所で売られているのですが、さすが人気商品だけあって夕方にいったときには売り切れていました。筑紫もちの二号品を目当てに直売所をおとずれたので残念です。おそらく午前中はやめにいかないと、筑紫もちの二号品は手に入らないのでしょうね。

 

でもせっかく直売所にきたので、通常価格の筑紫もちを購入しました。3パックで420円のところが直売所で購入したので10%割引で、420-42=378円でした。

ちなみに、早い時間に行くと「筑紫もちバラパック」というものが売られていて、720円相当が360円で購入できるそうです。

 

参照:https://www.jalan.net/news/article/351573/

 

筑紫もちの二号品は購入できなかったのですが、その他のお菓子の二号品は購入できました。以下、ザザっとご紹介してゆきます。

 

「博多よかいも とっとーと」。芋のお菓子で、くどすぎない甘さがうれしいですね。5パック入りで200円。1パック40円です。ちなみに通常価格だと1パック81円です(参照) およそ半額で購入できますね。

この金色包装の「とっとーと」の中身を写真に撮り忘れてしまいました。

 

チョココーティングされた銀色包装のものしか撮っていなかったのは失態でした↓ チョココーティングされた「とっとーと」は1個50円でした。通常価格は103円…と、これもまた約半額です。

二号品は、たしかにコーティングにぶつぶつがあり、見栄えが良くないような気がします。しかし食べてしまえば同じものです。おいしくいただけます。

 

こちらは「苺ブッセ(2個入)」で140円。1個あたり70円です。通常価格は1個あたり162円(参照)です。破格の安さですね。

ブッセの生地がふわふわ、口に含むとイチゴクリームの甘酸っぱさが口のなかにひろがります。このクリームは福岡県産のイチゴ「あまおう」を使用しているそうですよ。

 

さいごに、こちらが「健康長寿萬十(けんこうちょうじゅまんじゅう)」。1個100円。通常価格は1個173円です。

「生地には国産小麦と讃岐和三盆、餡には北海道産小豆を使用した白練り胡麻のコクと風味が美味しいおまんじゅうです」

 

この饅頭の生地のうつくしさに惹かれて購入しました。見た目のとおり、生地はやさしい甘さ。餡はホロホロとした食感で、お茶といっしょに食べると口いっぱいに甘さがひろがります。甘党にはたまりません。

 

今回、如水庵 工場直売所で購入したお菓子は以上です。今回購入できなかった「筑紫もちバラパック」をいつか買ってみたいです。