日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

水田に映えるアーチ橋 幸野川橋梁 熊本県小国町北里

こちらの写真は、今はもう廃線となった宮原(みやのはる)線という鉄道路線の一区画に架けられた橋梁(きょうりょう)です。幸野川橋梁と呼ばれますが、橋梁は「幸野川」に架かるわけではなく、「樅木(もみのき)川」に架かっています。

 

2019年6月9日(日)に撮影したもので、ちょうど水田に水が張られており、橋梁のアーチが水に映え、アーチと植えられた稲の微妙な曲線が、なんとも印象的な景色です。

場所:熊本県阿蘇郡小国町北里

座標値:33.136409,131.077563

 

宮原線は大分県玖珠郡九重町の恵良駅から、熊本県阿蘇郡小国町の肥後小国駅までを結んでいた鉄道です。

 

f:id:regenerationderhydra:20190610203827j:plain

宮原線の跡を、先日、ざっくりと車でまわってみました。熊本県の小国町を中心に、ところどころ線路の跡が残っており、周りがいのある線路跡だと感じました。下調べをして、機会ができれば、宮原線をたどってみたいと思いました。