日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

六が岳 山頂 福岡県鞍手町

場所:福岡県鞍手町大字室木 六ヶ岳山頂

座標値:33.7479948,130.6812142

2019年3月26日に、福岡県鞍手郡にある六ヶ岳に登ったときの写真です。写真を撮りながら登り、登山口から山頂(339m)まで約45分。天気ではありましたが、かすみがかっていて遠くまでは見通せませんでした。

 

六ヶ岳は、その名前のとおり6つの峰があります。それぞれの峰に、羽衣とか天冠など、六ヶ岳に伝わる神話にちなんだ名前がつけられているようです。

 

中央よりやや左側遠方に、かすかに見える山が北九州市の最高峰である福智山。地図で測ってみると、六ヶ岳山頂(338.9m)から福智山山頂(900.6m)まで、直線距離にして11.4㎞ほどです。福智山は予想以上に遠い場所にあるのですね。福智山のふもとに広がっているのが直方市(のおがたし)の町です。

 

今の時期、六ヶ岳山頂からだと、ちょうど福智山山頂の左側あたりから日の出がみられるようです。空気の澄んだ日だと、福智山から登る朝日はとても美しいので、六ヶ岳山頂から、いつか朝の景色を撮ってみたいものです。