日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

六ヶ岳 六獄神社上宮へ登った(その1) 福岡県宮若市龍徳・鞍手町長谷

2020年9月20日(日)に、福岡県宮若市龍徳と鞍手町長谷にまたがる六ヶ岳へとのぼってきました。正確にいうと六ヶ岳中腹にある「六嶽神社の上宮」へとのぼってきました。

 

六嶽神社の本宮自体は、鞍手郡鞍手町の室木という地区にあります(座標値:33.756386,130.663860)。この神社に参拝してから、六ヶ岳にあるという上宮へ参拝したいなとはおもっていました。

 

ただ上宮へどうやっていったらよいのかわからなかったので、何度か挑戦しながらも失敗におわっていました。2020年9月20日に、やっと六嶽神社上宮へたどりついたために、登山口や登山ルートなどを記録しておきたいと思います。

f:id:regenerationderhydra:20200920212334j:plain

六嶽神社上宮 福岡県鞍手町室木

まず六ヶ岳の山頂である旭岳と、六嶽神社上宮の位置関係を示してみます↓

f:id:regenerationderhydra:20200920212644j:plain

旭岳の東側、約480mの地点に六嶽神社上宮があります。六ヶ岳山頂である旭岳から尾根をつたって六嶽神社上宮へいくことができますが、ふもとからの登りやすいルートは鞍手町室木にある登山口から直接、上宮へいくルートです。↓下図にそのルートを示します。

f:id:regenerationderhydra:20200920214049j:plain

 

半月ほど前、このルートで六嶽神社上宮をめざしたときは、クモの巣や雑草、倒木などにはばまれ、ひきかえしました。しかし2020年9月20日に登ったさいは、倒木や雑草などがだいぶ取り除かれていました。登山道がかなりきれいに整備されていました。おかげで、とても楽に上宮をめざすことができました。

 

室木登山口は↓下の写真のような橋をわたって山へとはいっていきます。下の道路は県道475号線です。

f:id:regenerationderhydra:20200920214348j:plain

この橋にたどりつくには、県道475号線から分岐している「藤井精工(株)」へむかう道路へと進みます。下の写真のように分岐をすこしはいった場所に登山口があります。

f:id:regenerationderhydra:20200920215403j:plain

以前は倒木で登山道がふさがれていましたが、今回の登山では倒木はとりのぞかれていました。写真のように道ははっきりとしており、とても歩きやすかったです。整備をされているかたに感謝いたします。クモの巣はありましたが、もってきていたスティックでとりのぞきながら進んでいきました。

f:id:regenerationderhydra:20200920215824j:plain

ながくなるので今回の記事では、ここまでとします。六嶽神社上宮についた後は、上宮から六ヶ岳山頂である旭岳までいけるのか試してみたかったので、峰周りをおこないました。

 

山頂である旭岳から羽衣の峰までいったことがあるのですが、羽衣の峰から六嶽神社上宮までのルートがあるのか不明でした。そのため六嶽神社から羽衣の峰まで、今回の登山ではいってみました。

 

その様子も、今後、ご紹介したいとおもいます。下の図は各峰(上宮~旭岳)を周るルートを示したものです。参考にされてください。

f:id:regenerationderhydra:20200920221116j:plain