日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

六ヶ岳から眺める直方市の街 福岡県宮若市龍徳

2020年12月27日(日)に福岡県の鞍手町室木と宮若市龍徳にまたがる六ヶ岳にのぼりました。標高338.9mと低めの山で、六ヶ岳のひとつ峰である旭岳山頂からのながめはとても良いです。かるい運動量で、よいながめを堪能したい登山には最適の山です。

 

27日の登山では靄が直方(のおがた)の街にかかっており、きもちのいい景色をみることができました。

 

場所:福岡県宮若市龍徳

座標値:33.747961,130.681299

f:id:regenerationderhydra:20201228194358j:plain

f:id:regenerationderhydra:20201228194415j:plain

↑こちらの写真は宮若市方向をながめたものです。写真中央部にながれる川は犬鳴川(いぬなきがわ)です。

f:id:regenerationderhydra:20201228194428j:plain

さむい季節となってきましたが、この日も数人の登山者とあいさつをかわしました。