日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

八旗八幡宮いりぐち付近に祀られる庚申塔 福岡県北九州市小倉南区長尾

北九州市小倉南区長尾に鎮座する八旗八幡宮に庚申塔がまつられていました。この神社には東側、西側からの入口が2つあります。今回ご紹介する庚申塔は西側からの参道脇にまつられているもので、木製の大鳥居のそばにありました。

f:id:regenerationderhydra:20210428210606j:plain場所:福岡県北九州市小倉南区長尾4丁目

座標値:33.821730,130.853506

 

この木製大鳥居から神社境内へ、車ではいることができ、境内におおきな駐車場があります。八旗八幡宮は住宅にかこまれるようにつくられており、お宮へと続く道は狭いです。しかし、境内には車が数台じゅうぶんにとめられる広場があるために、安心です。

 

庚申塔には「猿田彦大神」と刻まれています。

f:id:regenerationderhydra:20210428210601j:plain

庚申塔の裏側に「昭和三十六年五月建立 古賀町花見 石田藤雄 石田菊枝」と刻まれています。昭和三十六年は西暦1961年。「古賀町花見」というのは地名でしょうか。ためしに調べてみると、福岡県古賀市に花見という地名があります-参照 Google map-。

f:id:regenerationderhydra:20210428210613j:plain

憶測ですが、古賀市の花見地区出身の石田ご夫婦がこの庚申塔を建立されたのでしょうか。