日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

晩秋まで楽しめる紅葉の穴場  夜の宇佐神宮境内

ここ数日 通ってみましたが、宇佐神宮の紅葉って美しいですね。いままで見過ごしていました。仕事が終わってから足を運ぶので、いつも夜。昼間の紅葉は見ずじまい。

でも夜は夜で、電燈の明かりと深い闇でモミジからいっそう透明感が引き出されます。樹の下から、枝を広げるモミジを見上げるのはなかなかの景色ですね。

中津市耶馬溪(やばけい)や、国東市の両子寺(ふたごじ)など、他のスポットと比べ、宇佐神宮のそれは時期的にはずっと遅い紅葉です。平野部にある宇佐神宮のモミジが、こんなに綺麗だとは知りませんでした。手持ちの撮影だとちょっと厳しいので、三脚は必須ですね。

夜の神宮は人気が少ないので、ゆっくりとカメラを構えることもできます。晩秋まで楽しめる場所をみつけてしまいました。

↑県指定有形文化財の呉橋(くれはし)。闇夜に浮かびます。

 

スポンサーリンク