日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

もう58歳 別府タワー

生みの親が内藤多仲(たちゅう)氏。昭和32年に完成し、もう50年以上も別府のシンボルとして働き続けてきました。


場所:別府市北浜3-10-2


別府タワーの兄弟は、通天閣や東京タワーなど有名どころが揃っています。ぜんぶで6塔あって、タワー6兄弟とも呼ばれています。


できた当初はタワーの宣伝部が地道に全国でタワーのアピールをしたことで、年間90万人も訪れるほどの賑わいになったそうです。