日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

いまはもう幻の池となった紫池 福岡県北九州市小倉南区蒲生

『北九州の史跡探訪』(北九州史跡同好会)P.81に「紫池」という池が掲載されています。この池は、小倉の街をながれる紫川の起こりと紹介されています。”起こり”というのはどういうことなのでしょう。同書には地形図がしめされ、「大興善寺」ふきんに紫池があることがわかります。

 

紫川は、紫池があると示されている地点より、さらに上流部があるため、”源流”と解釈するには無理がありそうです。民間の伝承などで、”紫川が生じた場所”として伝わっているのかもしれません。

 

豊前志などの古書に、大興善寺の門外に「池ありて紫池と名づく。前に虹橋あり、島に弁財天を祭る」と。この池が紫川の起りと伝えられる。古代は、大湖、今は次第に涸れて小さい池である。『北九州の史跡探訪』(北九州史跡同好会)P.81

 

しかし、大興善寺ふきんを、実際にさがしてみても、紫池らしき池はありません。『今昔マップ』で大正14年の地図をみても、池らしいものはありません。

 

大興善寺の境内に、コイが泳ぐちいさな池があり、「これか!」とも思いましたが、『北九州の史跡探訪』に掲載されている写真とは、どうも違うように感じます。

f:id:regenerationderhydra:20210720182016j:plain

f:id:regenerationderhydra:20210720182155j:plain

場所:福岡県北九州市小倉南区蒲生

座標値:33.847240,130.864932

 

↓こちらが『北九州の史跡探訪』に掲載されている「紫池」です。

f:id:regenerationderhydra:20210720182242j:plain

2021年現在では、もう、この紫池は消滅したのかもしれません。

 

『北九州の史跡探訪』で、紫池がしめされる場所の山側には「観音寺」というのがあります。

f:id:regenerationderhydra:20210720183524j:plain

この観音寺。実際にいってみると「馬頭観音寺」という看板がかかげられたお堂があります。

f:id:regenerationderhydra:20210720184342j:plain

さらに、このお堂の山側に、祠がたてられた涸れ沢があります。

f:id:regenerationderhydra:20210720184917j:plain

もしかしたら、この涸れ沢の下流域に、水が溜まる場所があり、そこが紫池となっていたのかもしれません。