日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

朝5時から6時に撮った蓮の花 福岡県遠賀郡遠賀町島津

場所:福岡県遠賀郡遠賀町島津
島津峯ヶ浦池公園


座標値:33.874844,130.671999

 

周囲に数台、車をとめるスペースがあります。

f:id:regenerationderhydra:20210711040352j:plain

遠賀郡にある「島津峯ヶ浦池公園」へ、蓮の花が多くひらいている見てみたいみたいと思い、朝の5時半ごろいってみました。やはり午前5時半ごろだと、以前午後3時ごろにきたときと比較して、多く開花している印象をうけました。朝の時間帯だと、蓮池周囲の遊歩道から近い場所でも綺麗に開花している姿をみることができます。

f:id:regenerationderhydra:20210711040415j:plain

とはいえ、綺麗に開花している写真をおさめたい場合は、焦点距離200㎜程度の望遠レンズをもってきておく必要があると感じます。

f:id:regenerationderhydra:20210711040439j:plain

蓮の花はだいたい7時ごろから9時ごろにかけて開花するということです。そのため、朝の5時台だと訪れる人はありません。早朝でも開花しているものはたくさんあるので、被写体にはこまりません。今回は、三脚をたてて写真撮りに集中します。

 

f:id:regenerationderhydra:20210711040459j:plain

写真を撮りながらゆっくりと池のまわりを歩いて、この時期に特有の空気をあじわいます。まだ早朝なので気温は高くありませんが、湿度がたかく、ややむす感じがします。歩いていると、おおきなカエルが「ギュッ」と奇妙な音をたてて池のなかにとびこみます。

f:id:regenerationderhydra:20210711040547j:plain

6時台になると、散歩をするかたがたや、カメラマンがぼちぼちとみえられます。

f:id:regenerationderhydra:20210711040706j:plain

 蓮の花は、遠くからみてみるととても美しいのですが、近寄ってみると、害虫であるたくさんのアブラムシがついていることにきづきます(参照)。花の写真は、花についているアブラムシをひとつひとつ加工によって消しています。そのため、実際の写真よりも「つくられた写真」のように綺麗にみえます。