日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

もともと貴船神社があった場所にまつられる庚申塔 福岡県遠賀郡遠賀町尾崎

遠賀郡遠賀町の尾崎という地区に、むかし貴船神社があった場所があります。現在は公園となっています。公園のかたすみに神社の本殿が建立されていたと思われる台座がのこっています。この台座に一基の庚申塔がまつられています。

f:id:regenerationderhydra:20210517190544j:plain

場所:福岡県遠賀郡遠賀町尾崎

座標値:33.862516,130.647769

f:id:regenerationderhydra:20210517190600j:plain

庚申塔には「青面大金剛尊」ときざまれています。

f:id:regenerationderhydra:20210517190510j:plain

その他の銘として「正徳四天 二月吉日 尾崎村」が刻まれています。正徳四年は1714年。干支は甲午(きのえうま)です。

f:id:regenerationderhydra:20210517190526j:plain

f:id:regenerationderhydra:20210517190534j:plain

猿田彦ではなく、青面金剛の名がきざまれる庚申塔は、福岡県ではとてもめずらしいです。