日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

窓枠 福岡県宗像市鐘崎

場所:福岡県宗像市鐘崎

座標値:33.889466,130.524930

f:id:regenerationderhydra:20201210202223j:plain

織幡神社の境内をとおりすぎ、本殿のうらやまに歩をすすめるとイヌマキ天然林にはいっていきます。この天然林は佐屋形山という標高53.4mのちいさな山にあります。佐屋形山の山頂をとおりすぎ、山の北側斜面におりてゆくと地島(じのしま)のうかぶ海がみえてきます。地島は響灘と玄界灘とのちょうど境界線上にあります。

 

佐屋形山の北斜面にはコンクリート製の展望台があります。もうずいぶん昔に建てられたもののようで、コンクリートがくずれ、鉄筋がむきだしとなっている部分もあります。そのモノトーンのくずれはじめた建物の窓枠に妙に惹かれました。